藤井二冠の王位戦の棋譜は?年収は?三冠と九段と全八冠は最速でいつ?

将棋
出展:abema
スポンサーリンク

木村一基九段との王位戦に2勝した時点で、藤井二冠誕生の確率は95%というデータがあったそうです。

そしてついに2020年8月20日、4勝0敗で王位を奪った藤井棋聖が、藤井二冠、藤井八段になりました。

二冠も八段も、今回の18歳1か月+1日は、最年少記録達成です。(過去の記録は、二冠が羽生九段の21歳11か月、八段が加藤一二三の18歳3か月)

王位戦の全棋譜を振り返ると同時に、今後の記録更新を展望していきます。

今回は「藤井二冠の王位戦の全棋譜は?年収は?三冠と九段と全八冠は最速でいつ?」について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井二冠の王位戦の全棋譜は?

第61期王位戦七番勝負 第1局 ▲藤井聡太七段 − △木村一基王位【将棋棋譜】
第61期王位戦七番勝負 第2局 ▲木村一基王位 − △藤井聡太七段【将棋棋譜】
第61期王位戦七番勝負 第3局 ▲藤井聡太棋聖 − △木村一基王位【将棋棋譜】
第61期王位戦七番勝負 第4局 ▲木村一基王位 − △藤井聡太棋聖【将棋棋譜】

藤井二冠の年収は?

週刊文春によれば、藤井二冠は無冠だった2019年の年収が棋士で9位の2108万円。

今年はこれにタイトル料が加わります。棋聖戦が500万円、王位戦が1000万円です。

勝ち進むことで試合数も昨年より増えていますから、対局料も増え、2020年の年収は4000万円を超えるそうです。

これは2019年の羽生九段を超えるものであり、タイトルホルダーの渡辺三冠、永瀬二冠、豊島竜王に続くベスト4に入るものとなるそうです。

今後、タイトルが増えれば、タイトル料も増えますから、どんどん上昇しそうですね!

しかもこの先、広告契約などが入れば、藤井二冠なら年契約で少なくとも1本、3000万円~4000万円ぐらいからスタートするはずです。(一説には高校を卒業するまでは広告に出ないとも言われています)

8冠を獲る頃には芸能界のMAXである、広告1本8000万~1億円に届くことも考えられます。

広告収入は本業を凌ぐほど大きくなりそうですね。

ちなみに8大タイトルの獲得賞金の一覧です。

竜王戦 挑戦者勝利3900万円、竜王防衛4650万円(対局料含む)
名人戦 挑戦者勝利1600万円、名人防衛3450万円(対局料含む)
叡王戦 勝者2000万円(対局料含む)
王位戦 挑戦者勝利1000万円、王位防衛1200万円(対局料含む)
王座戦 挑戦者勝利1000万円、王位防衛1200万円(対局料含む)
棋王戦 挑戦者勝利600万円、王位防衛900万円(対局料含む)
王将戦 挑戦者勝利600万円、王位防衛800万円(対局料含む)
棋聖戦 勝者賞金500万円

※ほとんどのタイトル戦が賞金を公表しておらず、金額は推測や過去のデータを含みます。

藤井二冠の三冠と九段と全八冠は最速でいつ?

藤井三冠と藤井九段は同時に誕生しそうです

藤井棋聖が王位を獲得したことで、タイトル二期獲得で自動的に八段に昇段しました。

つまり8月20日現在、藤井二冠であり、藤井八段です。

ところで、九段昇段の条件はいくつかありますが、可能性が高いのはタイトル3期獲得です。

ですが藤井二冠の年内の三冠挑戦&九段昇格はできなくなりました。

というのも、第33期竜王戦挑戦者決定トーナメントで、丸山忠久九段(49)に116手で敗れたためです。

藤井二冠が九段に昇段するためには、年末の竜王戦の権利を失った今、最速は2021年3~4月の王将の獲得となります。

その相手は、棋聖戦で3勝1敗で破った渡辺明三冠です。

そして奇しくも、九段昇段の最年少記録はこの渡辺明三冠の21歳7か月ですから、藤井二冠が18歳で九段を獲得すれば、大幅に更新することとなります。

また同時に獲得する「三冠」ですが、これまでの最年少記録は羽生九段の22歳3か月です。

藤井二冠が18歳(2021年)で三冠を達成すれば、大幅更新となりますね。

渡辺三冠に対しては相性が良いようなので、来春に藤井三冠と藤井九段が誕生する可能性は極めて高いですね。

藤井八冠はいつ?

結論から言いますと、早くても2023年です。

藤井八冠が最速でどのように誕生するか、タイトルを1年ずつ考えていきましょう。

2020年8月20日の時点で棋聖と王位獲得
2021年に獲得可能なのは王将、叡王、王座、竜王の4タイトル
この時点で6冠です。
棋王は例年2~3月に5番勝負があり、藤井二冠は今季はすでに予選敗退しているため、2021年2~3月の棋王戦には出られず、獲得は早くても2022年の2~3月。
名人は早くても2023年6~7月(2020年は予定がずれて8月に決定)。順位戦をA級で優勝して初めて名人の挑戦権が得られ、名人戦7番勝負で4勝しなければならない。藤井二冠は2020年現在のところB級2組なので、順調に1年に1組ずつ上がったとしても、A級で戦えるのは2022年。そこで優勝して名人戦に挑戦できるのが2023年となる。
羽生九段が7冠を獲った頃は、叡王(えいおう)がない時代でしたが、25歳での達成でした。
2023年と言えば、藤井二冠はまだ20~21歳です。
ここは大きく更新する可能性が高いですね。
そのためには、苦手な棋士を攻略する必要があります。
具体的には4名います。

苦手な相手4名

藤井二冠が負け越している相手です。

豊島将之竜王(30) 0勝4敗
久保利明九段(44) 2勝3敗
大橋貴洸(たかひろ)六段(27) 2勝3敗
丸山忠久九段(49)
0勝1敗

ただ、これらの棋士も、一発勝負では藤井二冠に勝っていますが、五番や七番勝負で藤井二冠に勝ち越すのは、かなり大変だと思います。

鍵は何と言っても、まだ一度も勝ててない豊島竜王です。

そして、もう1人います。

竜王戦予選で藤井二冠を千日手の末に破った丸山忠久九段です。

今年の竜王への挑戦権をかけて、羽生九段と丸山九段が対戦していますが、現在丸山九段が1勝して、あと1勝で竜王戦へと進めます。

もしかしたら、丸山竜王が誕生するかもしれず、いずれにしろ藤井二冠は竜王戦で苦労しそうです。

更新が危ぶまれる記録は?

名人の最年少での獲得です。

谷川浩司九段の21歳2か月が最年少記録であり、藤井二冠は2023年9月までに名人を獲得しなければなりません。

つまりチャンスは一度で、2022年に最速でA級に昇格し、必ずその年にA級で優勝する必要があります。

現在の名人位は、2020年8月に獲得したばかりの渡辺明三冠です。

相性は悪くないのですが、最強棋士10人で形成するA級での優勝が最難関のため、最年少名人の記録更新には苦労しそうです。

まとめ

今回は「藤井二冠の王位戦の棋譜は?年収は?三冠と九段と全八冠は最速でいつ?」について調べてきました。

ある棋士が、デビュー当時の藤井さんと今の藤井二冠では、大駒1枚分、今の方が強いと言っています。

大駒とは飛車と角ですから、今の藤井2冠が飛車を落とした分ぐらいで、デビュー当時の藤井さんと互角だということになりますね。

すごい進化ですね。

羽生九段は25歳で七冠を獲った頃が最強だったとすると、藤井二冠は25歳までまだ7年あります。

どこまで強くなるのか、どこまで最年少記録を更新するのか、見届けましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました