箱根駅伝2021の優勝予想は?1万mの持ちタイムのランキングは?

ランニング

いよいよ箱根駅伝に出場する21チームのエントリー選手が発表になりました。

これにより、大体の優勝予想ができるようになっています。

10区間のエントリー選手の発表は12月29日ですので、大枠での予想をして行きたいと思います。

今回は「箱根駅伝の優勝予想は?1万mと5000mの持ちタイムのランキングは?」について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

箱根駅伝の優勝予想は?

10区ある箱根駅伝では、10人の速いランナーが必要です。

そこで上位10人の1万mの平均タイムが速い順で出場校を見てみると、こうなります。

出展:スポニチ

僅差ですね。正直、関東学連だってチャンスはありそうです。

それでも箱根は、このタイムだけではないんですよね。

だいたい、全区間20㎞以上ですから、上の表の1万mの2倍。

登りと下りにいかにスペシャリストを配置するかも重要です。

すばり本命は平均タイムが高く、大エース・田澤もいる駒澤。

1万m28分台10人と27分台の田澤がいて、非常に層が厚いです。

2区で一気に首位を奪うでしょう。

対抗が28分台を14人も抱え、圧倒的な層の厚さを誇る明治大です。

が、中谷と太田のWエースがいる早稲田。28分台以上が7人います。

試合巧者の青山はエースの岸本不在が痛い。それでも28分台を10人揃えて、間違いなく上位に絡んでくるでしょう。

面白いのは順天堂大学。ハーフを走る予選会では、10人のタイムが中央大を上回って1位。

1年生エース三浦龍司を1区ではなくエースが集う花の2区(23.1㎞)に持ってきて、駒澤の田澤との大学ナンバー1決定戦をさせるようなら、波乱がありそうです。

1万mと5000mの持ちタイムのランキングは?

1万mの日本人スピードランナー上位9人(持ちタイムを28分15秒超えに限定)

1位田澤廉(駒澤2年)27:46:09
2位中谷雄飛(早稲田3年)27:54:06
3位太田直希(早稲田3年)27:55:59
4位西山和弥(東洋4年)28:03:94
5位菊地駿弥(城西4年)28:08:25
6位吉居大和(中央1年)28:08:61
7位塩沢稀夕(東海4年)28:08:83
8位名取燎太(東海4年)28:10:51
9位白鳥哲汰(駒澤1年)28:14:86

1万mの外国人スピードランナー

1位ルカ・ヴィンセント(東京国際)27:38:48
2位ライモイ・ヴィンセント(国士館)27:39:80
3位ムルワ(創価)27:50:43
4位レメティキ(拓殖)27:51:91

5000mの日本人スピードランナー

1位松山和希(東洋1年)13:48:80
2位三浦龍司(順天1年)13:51:97

個人の見所

①大学No.1ランナーの駒澤2年・田澤廉が、2020年の2区の相澤晃が4年で出した「1時間5分57秒」の大記録にどこまで迫れるか!

②黄金世代の1年を代表する2大ランナー、三浦龍司(順天)と吉居大和(中央)の1区での一騎打ち!

③もし三浦が尊敬する順天OBの塩尻和也の記録に挑戦するなら、2区もあり。その場合に、三浦と田澤の大学No.1決定戦が見もの!

写真は田澤廉。まだ2年であり、東洋の相澤晃の記録を超してくる可能性がある。

出展:スポルティーバ

写真は三浦龍司。尊敬する先輩の塩尻和也選手のように駅伝と障害の2本でいくようだ。

出展:読売新聞

写真は吉居大和。三浦さえいなければ、スーパールーキーと呼ばれるはずの逸材。

出展:月刊陸上競技

まとめ

今回は「箱根駅伝の優勝予想は?1万mと5000mの持ちタイムのランキングは?」について調べてきました。

2021年の箱根の注目選手はずばり、田澤廉、三浦龍司、吉居大和です。

しかし蓋を開けると、たぶん1年でサプライズがありそうです。

五輪レベルの三浦龍司に引っ張られた世代の強さが、見物です!!

また三浦龍司と吉居大和には、東洋・相澤と東京国際・伊藤のデッドヒートを継いでほしいと思います!!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ランニング
大人の時間割

コメント

タイトルとURLをコピーしました