橋本崇載八段(ハッシー)の引退理由に驚愕!連れ去りはなぜ起こった?

知識人
出展:YouTube
スポンサーリンク

橋本八段が突然の引退。

何度も笑わせていただいた、ユーモア精神たっぷりのこの愛されキャラの棋士にいったい何が起こったのでしょう?

その告発は、将棋とおお笑いとも無縁の驚愕の内容でした・・・。

そこで今回は「橋本崇載八段(ハッシー)の引退理由に驚愕!連れ去りはなぜ起こった?」について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

橋本崇載八段(ハッシー)の引退理由に驚愕!連れ去りはなぜ起こった?

まさかエイプリルフールではないでしょうね?

第一話、引退に至るまでの経緯

令和元年(2019年)、4月18日に対局から帰ってくると、奥様がお子さんを連れて出て行っていなかったそうです。

理由は第1回では語られませんでしたが、「浮気」も「暴力」もしていないとのことです。

そして奥様は弁護士と手を組んでいるとのこと。

ということは衝動的ではなく、計画的だったわけですね。

「子の連れ去り」は、日本で社会問題となっているそうです。

いつもモノマネなどで笑わせてくれていた橋本さんは、ユーモア無しで、苦しそうに語られています。

理由は何だったのでしょう?

可能性としては・・・

①普段から将棋協会などに提言をして、物事をはっきりさせたり、戦う姿勢のある橋本さんが、知らず知らずのうちに奥様との関係まで悪化させていた。②奥様が新興宗教にハマった。

③奥様の方に産後の鬱症状があった(出産してこれから子育てという時に、別居や離婚ということを奥様から言うことは考えにくく、余程の理由があったはず。)

 

気になった点①
奥様が出て行ったことよりも、子を連れて行ってしまったことを問題視しているようですね。
つまり奥様が出ていく理由については心当たりがあるようです。
気になった点②
ご自身のことを「被害者」と強調しています。
つまり現在の奥様との間の訴訟では、奥様の方でもご自身を「被害者」だと主張している可能性があります。でなければ、突然消えたりしませんね。
気になった点③
なぜ棋士を引退されたんでしょう?親権を争うなら、棋士のままの方が社会的な信用も高く、経済力を主張できそうです。
YouTubeでの活動を将棋連盟から咎められるからではないでしょうか。
以前からTVへの露出などについて、連盟から注意を受けていたようです。

社会問題化している子の連れ去りとは?

ややこしいです。以下はwikipediaより抜粋。

日本の場合には同居中の父母の一方が拉致した場合は検挙されないが、被害にあったもう片方の親が拉致された子どもを取り返した場合、「拉致」として検挙、報道されるためであった。

最高裁判所は、母親が拉致をする場合は問題がないが、特に父親による子の連れ去りは児童虐待にあたり、人身の拘禁、未成年者の誘拐略取の重罪を構成すると断定してきた。この判断は婚姻中か否かを問われていない。

(wikipedia)

つまり母親による連れ去りは法律的に非を問えないということでしょうか。

橋本さんは現在、「離婚裁判中」だと言っていました。

「連れ去り」に関する「拉致被害」の裁判ではなく、「離婚」と「親権」に関するものなのかもしれません。

法律的に劣勢のために、世間の人情に訴えるため、お子さんとの幸せそうな写真を最初に見せたのでしょうか?

何手も先を読むプロですから、計算はあるでしょう。

しかし手としては、死中に活路を見出すために攻めに転じたというところでしょうか?

現在、お子さんと全く会えていないのでしょうから、身を引き裂かれる思いなのは確かでしょう。

そこまでして、奥様は離婚を希望したということですね。

その理由に関しては、両者で主張が食い違いそうです。

恐らく、いなくなる前から、奥様との関係が悪化していた可能性は高いですね。

何とか、双方が決裂ではない方向を模索して欲しいです。

それと、ご本人も言ってましたが、裁判中の案件にも関わらずYouTubeで一方的に立場を主張していくことは、「和解」などを睨む場合に、非常に不利です。

橋本さんご本人は話し合いでの解決ではなく、全面対決を望まれているのでしょうか。

棋士の立場さえ捨て去った捨て身の覚悟は伝わりましたが、実を取りたいのであれば、冷静になる必要がありそうです。

この件、どうなるにしても悲しい予感がします。

もう少し事情が分かるまで、これ以上の憶測は止めておきます。

まとめ

今回は「橋本崇載八段(ハッシー)の引退理由に驚愕!連れ去りはなぜ起こった?」について検証してみました。

2020年10月1日から2021年3月31日までの試合を一身上の都合で休場していた橋本さんは、この件の心痛で対局どころではなくなったのでしょうか。

それでも2019年4月からの1年半は気丈に対局を続けていたわけですね。

その間に離婚訴訟以上の何かがあったのでしょうか?

この件、引き続き注目していきたいです。

最後に、珠玉のハッシーお笑い特集です。

ものまねは、いずれもNHKの将棋番組でやってますからね・・・(汗)

将棋界でも1番面白いハッシー特集

コメント

タイトルとURLをコピーしました