新型コロナウイルス検査の保険適用の料金は?治療費は?生命保険は?

社会
出典:言葉の手帳
スポンサーリンク

新型コロナウイルスによる新型肺炎検査への保険適用が検討されているとの一報が2月25日に届きました。

そこで今回は、「新型コロナウイルス(新型肺炎)検査への保険適用による料金は?」「そして新型コロナウイルスの治療費は?」「生命保険は適用される?」について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型コロナウイルス(新型肺炎)検査への保険適用の料金は?

これは未発表のために、まだわかりません。

ですが、予想では自己負担は1,700円ぐらいになるのではないでしょうか。

追記。この金額ですが、2月28日のあさチャンでの予想額は、検査だけで3000円(3割負担の額)でした。(日本感染症学会・寺嶋穀教授より)

さらに追記。2月29日の週刊ニュースリーダーでは、原則5400円(3割負担)、病院内で検査可能な場合は4050円(3割負担)という、より具体的な数字が出ていました。日々情報が変化。混乱してますねぇ。

ノロウイルスやインフルエンザの場合は、病院で検査する時に初診料も含めて、1,700円前後になるからです。(3割負担の場合)

インフルエンザの費用です。

初診料:2820円

検査量:1500円

検査判断料:1440円

以上の金額の3割負担金額:1730円

検査までなら、1730円です。

薬代もいれるなら・・・

薬代:4000~5000円

合計 5,730~6,730円

新型コロナウイルス(新型肺炎)には有効なワクチンがまだ存在しないため、「薬代」はまだ判明しませんが、症状に合わせた対処療法で、解熱剤などいろいろな薬を使用すると思います。

アメリカではインフルエンザの治療に5万円ほどかかるそうで、そのために貧困層を中心としてインフルエンザの死者が多いと言われています。

支払い能力がないとわかると治療せずに帰されると聞いていますが、本当にそんなことをするのかは不明です。

日本の医療制度がいかに国民に優しいかがわかります。

 

2月26日現在、新型コロナウイルス(新型肺炎)検査は公的費用で負担されますから無料です。

そして検査の結果、入院治療が必要と判断されれば、その費用も無料です。

「入院治療は公的負担」と書かれていたので、自宅療養となれば、訪問医療などに自己負担が発生しているのかもしれません。

この情報は見つかりませんでした。

結論としては、現状は無料だけど、今後は保険適用で検査は自己負担(3割か1割)となり、その金額は1700円(3割)か530円(1割)ぐらいが予想されるということです。

現状では、まず検査を受けたい場合は、以下の場所にまず連絡をする必要があります。

出典:2月25日NHK NEWS WEB

受診を希望される方はどうすればいい?

検査は誰でも受けられるわけではありません。

まずは電話で相談する必要があります。

受診を希望される方は、いきなり医療機関に行くのではなく、厚生労働省の帰国者・接触者相談センターご連絡を!

最寄りの検査・受診可能機関を紹介してもらえますので、公共交通手段以外の方法で行くことが求められています。

しかし2月26日朝の情報番組によれば、検査をなかなか受けられないそうです。

検査を受けられない場合は、他の原因を突き止める必要があり、「インフルエンザ」や「溶連菌」などの検査を受けるように言われます。

この場合は保険適用で、自己負担額が発生します。

もちろん、保険適用となった後は、検査を受けたい人は誰でも受けられるのではないかと思います。

 

出典:琉球新報

こんな新兵器も登場!

出典:朝日新聞

15分で検査結果が出る!

しかもこれは、現在インフルで活躍する迅速検査機器のように、開業医さんにも置けそうなサイズですね。

これが普及すれば、検査費用はもう少し下がるし、すぐに判明しますね。

あとはワクチンを待つばかり。

新型インフル用のワクチン「アビガン」が新型コロナウイルスに効くとなれば、数日で認可して、備蓄してあった200万人分が活躍するらしいです。

日本、がんばれ!

新型コロナウイルスの治療費は?

現状では入院治療費は公的負担なので無料です。

検査に保険が適用されるようになった後は、どうなるかがまだ不明です。

発表されたばかりの基本方針では、重症者のために病床を空けておくことが優先され、症状の軽い人は自宅療養することになるようです。

発症者の8割が軽症なので、自宅療養者は増えると思いますが、それゆえに蔓延が進むような事態は避けたいですね。

自宅療養者の治療費はどうなるのか、引き続き情報を探したいと思いますが、基本的には保険適用との言葉が出た以上は、3割か1割負担の方向へシフトしているように思います。

生命保険は適用される?

適用されます!

メットライフ生命からは、適用されるとの発表がありました。

これは安心ですね。

各社も同様の動きで対応していくようです。

出典:Gigazine

まとめ

今回は、「新型コロナウイルス(新型肺炎)検査への保険適用による料金は?」「そして新型コロナウイルスの治療費は?」「生命保険は適用される?」について検証してみました。

今回の保険適用を見据えた発表は、検査体制が整いつつあり、希望者は誰でも検査を受けられるようになることが、目前だと期待してしまいます。

インフルエンザのように、検査から治療薬までが、一刻も早くしっかりと行き渡るようになれば良いですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました