藤井棋聖の棋譜と樹立した記録は?次に狙う記録や苦手な棋士は?評判は?

将棋
出展:yahoo news
スポンサーリンク

現在最強と言われる渡辺明三冠を3勝1敗で破り、棋聖のタイトルを獲得した、藤井聡太七段。

史上最年少の藤井新棋聖の誕生です。

その輝かしい歴史はそのまま、記録樹立の歴史でもあります。

と同時に、新たな画期的な戦法や妙手を開拓していく歴史でもあります。

そこで今回は「藤井棋聖の棋譜と樹立した記録は?次に狙う記録や苦手な棋士は?評判は?」について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

藤井棋聖の棋譜は?

棋聖戦第4局(110手目・藤井七段勝利)

これが藤井七段が藤井棋聖となった、棋聖戦の第4局の棋譜です。

第2局と同じ形へと渡辺三冠が誘導し、藤井七段が受けて立った形でした。

映像2分16秒の80手目に藤井7段が指した「3八銀」が、予想されてない手で、しかしその後の展開で効いていて、勝負を分けたと言われています。

第91期棋聖戦五番勝負 第4局 ▲渡辺明棋聖 − △藤井聡太七段【将棋棋譜】

途中までは先手の渡辺三冠がわずかに有利な展開でしたが、終盤に差し掛かったあたりで指した「3八銀」から流れが一気に藤井七段へと傾きました。

その3八銀の周辺が一気に藤井七段のエリアになった印象でした。

藤井七段は76手目の8九歩成で桂を取るなど、藤井七段がわずかに抜け出そうとする。そして80手目の3八銀は「ABEMA」中継解説の久保利明九段、都成竜馬六段も妙手と分析するなど、得意の終盤戦で形勢をさらに引き寄せて渡辺三冠に勝利した。(Number Web)

 

対局後、取材に応じると「中終盤の競ったところで勝てなかったので、そこの指し回しは、こっちが気づいていない手が多かったです。注目度は高かったんでやりがいとしては感じていたんですが。藤井さんとは初めての番勝負ということで、内容的にも競ったところで負けているんで、すごい人が出てきたなという感じです」と、若き才能と、その成長に脱帽といった様子だった。(ABEMA TIMES)

渡辺二冠は「序盤・中盤・終盤でいうと、序盤が強い若手が多い中で、終盤型の藤井棋聖の存在は貴重になりそうだ」という感想も述べてました。

棋聖戦第3局(142手目・渡辺明3冠勝利)

第91期棋聖戦五番勝負 第3局 ▲藤井聡太七段 − △渡辺明棋聖【将棋棋譜】

棋聖戦第2局(90手目・藤井七段勝利)

藤井七段が「△5四金はやってみたい手だった」と局後のインタビューで答えていました。

歩を追い越しての△5四金(42手目)で、四段目に金銀を3枚並べる形は、従来にない全く新しい手でした。

渡辺棋聖は局後「大胆な指し方でこられた。均衡が取れるように指していたつもりだったが、一気にバタバタとダメになってしまった」と振り返っていました。

第91期棋聖戦五番勝負 第2局 ▲渡辺明棋聖 − △藤井聡太七段【将棋棋譜】

棋聖戦第1局(157手目・藤井七段勝利)

第91期棋聖戦五番勝負 第1局 ▲藤井聡太七段 − △渡辺明棋聖【将棋棋譜】

Sponcored Links
 

藤井棋聖が樹立した記録は?

「何をやっても最年少」状態の藤井棋聖。

その輝かしい記録の歴史を振り返ってみましょう。

藤井棋聖がここまで樹立した主な記録
  • 2016年の14歳2か月で最年少の四段昇段(プロ入り)
  • 史上最年少でのプロ初勝利(プロ初戦)
  • 公式戦最多連勝記録29連勝(プロ初戦から29連勝)
  • 史上初の中学生での一般棋戦優勝と六段昇格
  • 七段昇段の最年少記録(15歳9か月)
  • 一般棋戦連覇の最年少記録(16歳6か月)
  • 史上初の3年連続勝率8割超え
  • 史上最年少(17歳11か月)でのタイトル獲得(棋聖)

ちなみに、八段の最速昇段は、王位を獲得した場合に達成されるそうです。

現在2連勝ですが、7局までもつれ込んだとしても18歳2か月10日での昇段で、最年少記録を達成できます。

もし王位戦で負けた場合は、八段昇段可能なのは竜王の獲得であり。2020年11月末頃となり、加藤一二三九段の記録18歳3か月を超すことはできないと言われています。

細かい日にちに関しては、今後また検証していきたいと思います。

いずれにしろ、藤井棋聖が「藤井七段」と段数で呼ばれることは、もうない可能性が高いです。

初タイトル獲得年齢ベスト3

①藤井聡太七段 17歳11か月

②屋敷伸之九段 18歳6か月

③羽生善治九段 19歳3か月

Sponcored Links
 

藤井棋聖が次に狙う記録は?

史上最年少タイトルを獲得した7月16日から約1か月後の8月19日20日の王位戦第4局があります。

現在2勝ですから、今後の2戦も連勝した場合、最短で8月20日に藤井棋聖は藤井二冠になります。

ですから史上最年少二冠の記録を樹立することとなります。(現在の記録は羽生九段の21歳11か月)

棋聖になったのが17歳11か月ですから、1か月後でちょうど18歳ぐらいですね。

Sponcored Links

藤井棋聖の苦手な棋士は?

藤井棋聖は豊島将之二冠(竜王・名人)が苦手で、0勝4敗と歯が立たない状況です。

今後さらなるタイトルを獲得していくなら、豊島2冠は大きな壁として立ちはだかるでしょう。

出展:日本将棋連盟

ちなみに、現在挑戦中の王位を獲得して藤井2冠が誕生した場合、勢力図はこうなります。

しばらくは4強時代と言えそうですね。

藤井聡太二冠(棋聖・王位)
渡辺明二冠(棋王・王将)
豊島将之二冠(竜王・名人)
永瀬拓矢二冠(叡王・王座)
間もなく始まる4強時代の対戦成績

  藤井聡太4-1渡辺明

  藤井聡太0-4豊島将之

  藤井聡太2-0永瀬拓矢

Sponcored Links

藤井棋聖の評判は?

渡辺二冠は感想戦などでも本当に清々しい態度で、好感が持てます。

ギャンブル好きなのだとか。

勝負師なんですね。

この年齢で受け答えがきちんとしているというのは、本当に凄いことです。

高校は名古屋大学教育学部付属高校に通います。

偏差値61で、国立の高校です。

共学なのでモテモテなのではないでしょうか?

みんなが待ってたタイトルですね!

でも藤井棋聖の表記は1か月だけで、その後は藤井二冠になる可能性が大きいです。

小学校の頃、大会の準決勝で負けて大泣きし、泣きながら指した3位決定戦で勝利した話は有名ですね。

詰め将棋の創作は控えるようにと、谷川さんなどから言われているようです。

対局に集中するようにということらしいです。

これなんですが、八段昇段の条件は・・・

(1)竜王位1期獲得(2)タイトル2期獲得(3)順位戦A級昇級(4)七段昇段後公式戦190勝

この4つの条件のいずれかをクリアすることだそうで、一番早く八段になれるのは、王位を獲ることですね。

ちなみに史上最年少八段はひふみんこと加藤一二三九段の18歳3か月で、もし王位を獲れなければ、これは物理的にもう抜けないことがわかっているようです。

ひふみんも、凄いんですね!

これは驚きました!

豊島二冠対策をどうするか、ですね・・・。

いかにもそんな感じが・・・。

移動も楽しいんでしょうね。

最強同士?

異種すぎません?(笑)

https://twitter.com/takenama2525/status/1281080487281225728?s=20

Sponcored Links

まとめ

今回は「藤井棋聖の棋譜と樹立した記録は?次に狙う記録や苦手な棋士は?評判は?」について書いてきました。

羽生さんのように全タイトル獲得も夢ではなさそうですが、そのためには苦手な豊島二冠に勝たなければなりません。

そしてタイトルは奪うより守る方が大変だと聞いています。

しかしながら師匠の杉本八段も言ってますが、「藤井七段はタイトル戦では強い」そうです。

つまり藤井棋聖と1戦して1勝できる棋士はいるでしょうけど、5戦や7戦やって勝ち越せる棋士はいないだろうということですね。

師匠の自信ですね。

渡辺二冠が棋聖戦後に「すごい人ができてなという感じです」と言っていましたが、本当に頼もしいですね!

まずは木村一基王位との王位戦を見守りましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました