I-LAND3話ネタバレあらすじと感想!降格と昇格の6人は?次のセンターは?

アイドル
出展:ABEMA
スポンサーリンク

前回(第2話)では、ニキの健闘もむなしく、チーム平均点が59点と低迷しました。

このため、12人のアイランダーのうちの6人をグラウンダーに降格させなければならなくなりました。

代わりに6人のグラウンダーが昇格してくることとなります。

誰が落ちて、誰が上がるのか?

落ちるメンバーは仲間内の投票だったはずですが、上がる6人は仲間同士で決めるのか、審査員が決めるのかも、わかっていないはずです。

センターで奮闘したニキの運命は?

そして次のセンターはやはり、ヒスンなのでしょうか?

そこで今回は「I-LAND3話ネタバレあらすじと感想!降格と昇格の6人は?次のセンターは?」についてお届けしていきたいと思います!

イケメン・メンバーが大量に昇格してくるのではないでしょうか。

特に前回16人に残りながらも、降格した4人の中のイケメンメンバー、キム・ソヌやピョン・ウィジュが昇格してくる予感がします。

皆さん、#3を終えて、アイランダーとグラウンダーが混乱していませんか?

今回はそれらもすべてコメント付きで整理してありますので、ご利用いただければと思います。

スポンサーリンク

I-LAND3話ネタバレあらすじと感想!

ネタバレ①あらすじと感想は?

 

あらすじ

「Into the I-LAND」のパフォーマンスへの評価により、6人がメンバー同士の投票で降格していきました。メンバーは次の章で発表します。その6人がグラウンドに着いてから、昇格の6人の発表がありました。メンバーは次の章で発表します。新しいアイランダーとグラウンダー各12人が、新しい課題曲「ファイヤー」に取り組みます。今回のテーマは「チームワーク」です。なのに、アイランダーの12人は元からの6人に対して昇格の6人が遠慮がちです。センターに選ばれたヒスンは、「チームワーク」とはいえ、所詮個人に点数がつくのだからと、個人練習にばかり時間を割く方針を打ち出します。一方グラウンダーでは、降格の6人のテンションについていけない緩い雰囲気のメンバーがいて、対立します。両チームともに、PDの視察をきっかけにチームの輪の大切さに気付きます。(両チームとも叱られます)そして迎えた「ファイヤー」の発表の日。アイランダーたちは素晴らしいパフォーマンスを見せ、80点を連発します。確かにはわかりませんが、降格メンバーの人数は2人か3人だと思います。その狭い枠をくぐるために、グラウンダーたちも同じ舞台でパフォーマンスを見せます。少しだけ踊ったところで#4は終了。しかし、グラウンダーたちのパフォーマンスでもPDたちは頷いていました。昇格を果たすのは誰でしょう?次回予告では、「形勢逆転」のワードが躍っていました。どういうことなのでしょう?

 

感想

アイランダーたちは自分の点数を知ることができ、ジョンウォンが1番高くて75点でした。ボーカルに期待されており、ヒスンと並ぶチームの顔になっていく予感がしました。可哀そうだったのは、2番目に高い点数(70点)なのに降格したダニエルです。はしゃいでいたのが良くなかったのかもしれません。ニキの降格は納得いかないとも思いましたが、点数がチーム5位の65点ならば、「責任」も含めて降格してみるのも良いと思いました。彼なら必ず戻ってくるでしょう。そしてファイヤーでセンターをヒスンがカッコよかったですね!ヒスン(歌&ダンス)を頂点に、ジョンウォン(歌)、ニキ(ダンス)の3本柱で行くと強いチームになれる気がしました。

Sponcored Links

降格と昇格の6人は?次のセンターは?

ネタバレ②降格メンバー6人は?

平均点59点の重い空気の中、アイランダーのメンバーの投票によって、脱落する6人を決めました。

前回の予告で降格メンバーに入っていたと思われるメンバー6人

タイトル

 ニキ、セオン、ジェイ、テヨン、ニコラス、ジョンウォン

          ↓
今回、実際に降格したメンバー6人。( )内は獲得票数。
タイトル
 ヨンビン(11票)、ダニエル(11 or10票)、ジェイク(10票)、ジェイ(9票)、ニコラス(8票)、ニキ(8票)
降格メンバー6人のプロフィール
降格①ヨンビン(練習生期間4か月でアイランダーになったのだから、力不足でも仕方ない。バスケ歴ありで、身体の基本はしっかりしていると思われる)

出展:ABEMA

降格②ダニエル(今回メンバー中で2位となる70点を獲得していたが、投票で降格となった。しかし本人は70点で自信がついたようではしゃいでいた。あの態度が降格に繋がったかもしれない)

出展:ABEMA

降格③ジェイク(今回のメンバーの中で最低点の40点だった。自分が何をすべきかわかっていないというPDのコメントがあった)

出展:ABEMA

降格④ジェイ(自分の考えがはっきりしている点が、仲間から受け入れられなかった感あり。何度も立候補しながら仲間から選ばれなかったは実力が伴わなかったからか。しかしグラウンダーでの練習では見事なダンスとリーダーシップを披露している)

降格⑤ニコラス(台湾でストリートダンスをやっていたイケメンだが、ダンスの上位6人には入れなかったか)

出展:ABEMA

降格⑥ニキ(センターを務めたが、音程の不安定さでチームの点数を下げたと思われたか。本人の点数は65点でチーム内で5位の点数だった)

出展:ABEMA

Sponcored Links

ネタバレ③昇格メンバー6人は?

グラウンダーからの昇格は、発表された順に番号をつけていきます。

昇格①テヨン(子役出身。ダンスをもっと理解しようとしているからとのことで昇格。課題曲「ファイヤー」のダンスでは踏まれまくる役割を担う)

出展:ABEMA

昇格②ジェボム(バランスが取れるからと昇格になった。作詞作曲ができ、歌がうまい。次の課題曲「ファイヤー」では遠慮がちに9番担当)

出展:ABEMA

昇格③ウィジュ(フェンシング選手で笑顔が爽やかなビジュアル担当。笑顔が似合うが、ダンスは動きが大きくパワフルだった。最初の投票では16人に残っている。ファイヤーでは遠慮して11番)

出展:ABEMA

昇格④ユンウォン(動作は固いがやれることはあるとPDから評価された。前回は歌のアピールで失敗していた。ダンスは14歳から活動している)

出展:ABEMA

昇格⑤ソヌ(とにかくイケメンで、前回は16人にまで残った実力もある。少し自信に欠ける印象か。最初の投票では16人に残っている。ファイヤーでは遠慮して10番)

出展:ABEMA

昇格⑥タキ(審査員を笑顔にする独特のパワーがある。かわいさと表情の良さで選ばれていく可能性もある。最初の投票では16人に残っている。ファイヤーでは遠慮して12番)

出展:ABEMA

Sponcored Links

ネタバレ④次のセンターは?

今回もあっさり、決まりました。

ヒスンです。

残留①ヒスン(チームのエース格で歌もダンスもハイレベル。ファイヤーで魅せた表情がPDのハートを射抜いた。TXTのメンバーから漏れ、今回は並々ならぬ覚悟で臨んでいる)

出展:ABEMA

「センターはチーム全体の点数に大きく影響する。ヒスン以上に歌もダンスもできるメンバーはいない」という理由でした。

Sponcored Links

ネタバレ⑤他のアイランダー残留メンバーは?

残留②ケイ(ファイヤーではヒスンに次ぐ2番のポジションを獲得。モデル体型でダンスが得意な日本人)

出展:ABEMA

残留③ジョンウォン(ボーカルで重点的に期待されている。1つ目の課題で最高得点75点。すでに中心メンバーの1人)

出展:ABEMA

残留④ゴヌ(高校中退して検定で高校卒、芸能界を目指すイケメン。俳優のユンゲサンに似ているといわれている。すでに中心メンバー)

出展:ABEMA

残留⑤ソンフン(元フィギュアスケート選手。ダンスが得意だがまだメンバー内でのパフォーマンスの個性は見えていない印象)

出展:ABEMA

残留⑥セオン(最も練習生期間が長いため、危機感を持ってI-LANDに臨んでいる)

出展:ABEMA

Sponcored Links

ネタバレ⑥昇格を逃した2期連続のグラウンダーは?

ハンビン(ベトナムのカバーダンサーチームにいた。ニキとのパフオーマンスでもかなりダンスが上手かった。順番によっては楽に合格できたレベル)

出展:ABEMA

ジミン(バンド活動中らしい。注目されている時間が少ない)

出展:ABEMA

ソンチョル(練習生期間8か月のハンデあり。イケメンなのでアピールが欲しい。元サッカー選手)

出展:ABEMA

ギョンミン(舞踊を専攻し、大手事務所からのスカウトも多かったらしい。イケメンなのでどこかのチャンスでアピールが欲しい)

出展:ABEMA

ジェホ(バトル番組の経験者だが、優しい性格が表情に現れている。どこかでチャンスをつかみたい)

出展:ABEMA

ネタバレ⑦アイランダーとグラウンダー早見表(#3)

アイランダー残留 ヒスン ケイ ジョンウォン ゴヌ ソンフン セオン
アイランダー昇格 テオン ジェボム ウィジュ ユンウォン ソヌ タキ
グラウンダー降格 ヨンビン ダニエル ジェイク ジェイ ニコラス ニキ
グラウンダー残留 ハンビン ジミン ソンチョル ギョンミン ジェホ  ー

Sponcored Links

まとめ

今回は「I-LAND3話ネタバレあらすじと感想!降格と昇格の6人は?次のセンターは?」についてお届けしてきました!

今回も盛りだくさんでしたね。

アイランダーの中で1番がヒスン、2番がケイ、3番がジョンウォン、4番がゴヌというヒエラルキーが見えましたね。

この4人は投票しても、降格票は入らない気がしました。

そして今回、個人の得点が一番高かった人は、自分を含め誰でも1人だけ降格から救うことができるというルールができました。

今回降格したダニエルは2位の点数でしたが、「2位で降格するなら審査員いらないのでは?」との疑問も出そうになりました。

次回の1番はヒスンでしょうか?誰を救うのでしょうか?

1番はチームを形成する権利を一部、与えられることになりますね。

また、昇格組にイケメンの「ウィジュ」「ソヌ」「ジェボム」がしっかり入ってましたね。

実力だけではなかなか売れませんから、しっかりビジュアル担当を補充していって欲しいです。

I-LAND【4話ネタバレ】入れ替えは誰?代表5人はデビューできる?

コメント

タイトルとURLをコピーしました