久保建英への海外の反応と韓国は?最新動画と移籍先と市場価格は?

サッカー
出展:ビジャレアル公式twitter
スポンサーリンク

目次

スペインのビジャレアルにレンタル移籍で所属している久保建英。

その評価がここに来て急上昇しており、海外の反応は想像を絶する高評価が多いようです。

そこで今回は「久保建英への海外の反応と韓国は?最新動画と移籍先と市場価格は?」について書いていきたいと思います。

ドリブルの評価が高いですが、彼はドリブルマニアではなく、試合の流れの中でドリブルが必要だと判断すればするという、相手にしてみればやっかいな選手です。

相手DFを引き付けたいとき、運んだりタメを作りたいとき、そして突破してシュートコースやパスコースを探したいとき、など彼のドリブルは知的な判断によるものであり、迂闊に足を出すとパッと抜かれて違う目的のドリブルになるので、一言でいえば「変幻自在」です。

2019~2020年はマジョルカでは右のサイドアタッカーを任されていましたが、相手の奥深くまでドリブルで切り裂き、そうかと思えば守備ではボールを回収するシーンも多いです。

攻守の切り替えの速さ、切り替え後の足の速さ、フィジカルの意外な強さ、ゲームの読みや瞬時の判断の速さ、ドリブルでDF2人と競りながら50m走ってシュートまでいくテクニック、枠に収める精度の高いシュート力、流暢なスペイン語を駆使した仲間とのコミュニケーション能力・・・。

そのスペックは挙げればきりがありません。

当記事では、彼の活躍を追いかけながら、海外や韓国の評価をリアルタイムで押さえていきたいと思います。

スポンサーリンク

久保建英への海外の反応は?最新動画は?(11月6日更新)

久保選手、EL3アシスト目で「今はメッシより役立てている」との寸評!(11月6日)

ELグループリーグ第3節、マッカビ・テルアビブ戦。

久保建英がELで華麗なアシスト決める!

「久保の魅力的なプレー、つまりは右サイドから左へ送るダイアゴナルなパスによってアシストした。そのプレーの開祖はメッシだが、今は開祖よりも役立てている」    (アス)

「Goal」による、「メッシが認めた若手15人」からは漏れた久保選手ですが、主に突破ドリブルに関しての評価だったようです。

ラストパスなら、5人ぐらいでも入ってきそうですね。

それにしてもELはグループリーグレベルでは、リーガよりレベルが下のようで、久保選手も3試合で1G3Aと活躍しますね。

イメージとしてはリーガの降格争いレベルより、少し下かもしれません。

真価を問われるのはこれからでしょう。

久保選手、初スタメンでEL出場し、圧巻の1ゴール2アシスト!(10月23日)

EL1次リーグI組初戦のシワススポル(トルコ)戦、チュクエゼのシュートを相手GKがはじき、そこに相手DFより素早く駆け込み、左足でゴール!(映像の最初)

その後もスルーパス(映像の3:05)とCK(映像:7:20)で2アシスト。

試合は5-3で勝利した。

[久保建英 GOALLLL] ビジャレアル v スィヴァススポル ヨーロッパリーグ 2020.10.23

久保選手は再三チャンスを作り出してましたね。

ただDF陣の守備の緩さが気になりました。

海外の評価は以下です。

スペイン全国紙の『Marca』は「クボは驚異的なプレーヤーだ。疑いの余地はない」と称え、こう続けている。

「ある程度自由を与えられ、ストライカーの後ろでプレーし始めたアタッカーを、このエリアで制御するのは不可能だった」

またこぼれ球に詰めたゴールシーンは「最大級の賢さを見せた」と評すれば、バッカへのお膳立ては「完璧なアシストだった」とベタ褒めだった。(サッカーダイジェストweb)

またスペイン「AS」紙では、満点評価の3点を獲得した。

エメリが久保選手の退場に抗議して撤回させましたが、あの辺りからエメリの久保愛が沸騰してきて、久保選手自身も上がって来てると感じます。

伊東純也の同じ日の初退場でしたが、久保選手の方はセーフとなりました。

久保選手、バレンシア戦で途中出場し、決勝点をアシスト!しかし終盤に初退場(10月18日)

アシストは映像の1:15からです。

退場は2:18ぐらいから。これがこの試合2つ目のイエローで退場ですが、2つ目は完全な誤審ですね。

久保建英がミラクルアシスト‼決勝点を演出するも、まさかの初レッドで退場…バレンシア戦タッチ集…

後のこの誤審は認められ、久保選手の退場は取り消されました。

怪我人が多く、手薄なビジャレアルですから、試合後に抗議したエメリもホッとしたと思います。

ところでバレンシアと言えば、韓国期待のイ・ガンインの所属するチーム。

韓国では「同じ2001年生まれの同じレフティー、同じく10歳でスペインへ渡った2人の対戦が実現するか」と話題でした。

ですが、イ・ガンインは出場しなかったようです。

韓国メディアでは以下のように報じられました。

記事内では「バレンシアにイ・ガンインほど鋭く創造的な選手はいないと言っても過言ではない」と主張し、「結果、グラシア監督の選択はうまくいかなかった」ことを強調した。(GOAL)

久保選手が日本代表戦で惜しいFK!(10月9日)

カメルーン戦でぎりぎり枠に来てたと思いたい惜しいFKを放ちました。

この後、CKまで時間が残っててほしかった。

この他にも、深い位置からマイナスの良いクロスも上げていましたね。

森安ジャパンの久保の起用法はエメリ式か。

試合は0-0のドロー。

https://twitter.com/CayenneA0yama/status/1314565907088240640?s=20

ちなみにビジャレアルで出場時間の短い久保選手だが、こんな記事があった。

エメリがアーセナルの監督をしていた時代のことだ。

サカが先発デビューを果たしたヨーロッパリーグの試合後にエメリは彼の「1対1での勝負を仕掛ける」「ライン間を突く」能力を称えていた同じようなことを久保にも期待しているのではないだろうか。  プレシーズン中やウエスカ戦後の会見でエメリは「久保はもっとボックス内でのプレイの頻度を増やす必要がある」と語っており、ゴールやアシストといった数字に残る決定的な活躍も期待されているはずだ。  そして、途中出場で機会は少ないながらも、個の力で相手ゴールに迫る能力があるところを久保は既に何度か見せている。  また得点に絡む活躍に加えて、サカ、そして同じくアーセナルの前線で起用されたマルティネッリに共通して言えるのは、守備の貢献度も非常に高いという点だ。  2人とも、運動量と守備での献身性に関しては他のファーストチームの選手たちと比べて全く引けを取らなかった。  エメリのアーセナルは守備を重視するマインドセットで試合に臨むことも多く、特に一度リードした試合では、リードを広げるというよりもそのリードを守り切ろうというスタンスでプレイすることが特徴だった。 その点では前線の選手であっても、献身性はエメリにとって外せないポイントのはずだ。  恐らくだがエメリは選手に自由に自分を表現する、というようなプレイをあまり求めてはおらず、時には自分の良さを犠牲にしてでも相手の良さを消しにいくような試合も要求されるだろう。(NUMBERweb )

そしてこの試合を韓国の「朝鮮日報」はこう報じました。

「日本は昨年12月に釜山で開催されたE-1選手権の韓国戦が最後だった。そのためか、日本は印象的なシーンを作れなかった。前半はミナミノ・タクミ、後半はタケフサ・クボがスコアに失敗した。前半を0-0で終えた日本は後半に入ってジュンヤ・イトウ、タケフサ・クボ、ダイチ・カマダを投入して攻勢をかけた。クボは試合終了間際にFKキッカーを任されたが、カメルーンのゴールを破れなかった」

試合に出てない大迫も決めきれませんでした。

この試合のMVPは、世界レベルのスピードを見せつけてFKを獲得した伊東純也だと思います(キッカーは久保・上の映像)。

あのFK、あと数センチでPKになってましたね。

久保選手が2020~21の第一節で途中出場し存在感示す(9月14日)

ビジャレアルvsウエスかは1-1の引き分け。

ウエスカは岡崎慎司選手(34歳)がスタメンでリーガ1部デビューした(リーガでの日本人対決は初)。

岡崎選手はポストプレーで得点に関与するなど好プレーを連発。

一方、現地紙から先発予想されていた久保選手も81分から切り札として出場。

叩きつける惜しいシュート(アシスト未遂)があった。

https://twitter.com/takefusakub0/status/1305218040703807490?s=20

久保選手は2試合連続スタメンで今回は初のフル出場(9月6日)

レバンテに1-2の逆転負け。

ビジャレアル入団後のプレシーズンマッチでの久保へのチャージは格段に強くなり、思ったプレイができてない模様。

それでもファールをもらってチャンスを演出していました。

久保建英がトップ下で2試合連続スタメンで存在感‼いざ、リーガ開幕へ… レバンテ戦 タッチ集

久保選手が歌を披露してテストに合格(8月28日)

声はまだ少年。コミュニケーションは大切ですね!

久保選手の新歓にて。

https://twitter.com/VillarrealCF/status/1299272854211624960?s=20

ビジャレアルのFWモレーノとサッカーテニスで対戦し勝利(8月26日)

昨季18ゴールのジェラール・モレーノと楽しそうです。

「最高のペア」と反響を呼んでおり、“新ホットライン”として期待が寄せられている。(ZONE)

来季は2人で点を取りまくって欲しい!

https://twitter.com/Kokia82771988/status/1298231638661316610?s=20

モレーノは昨季の得点ランキングでメッシ、ベンゼマに次ぐ3位で、スアレスよりも点を取ってます。

出展:sportiva

久保選手、ビジャレアルで練習映像(8月17日)

ビジャレアル公式が泣いて喜んでくれてます。

下を見てドリブルする選手と違い、常に首を振って周囲の状況が見えているため、判断が速いですね。

OMG!は、Oh My God!の略ですね。

https://twitter.com/Eng_Villarreal/status/1295321061320531968?s=20

ビジャレアルが久保選手の移籍を正式発表!(8月11日)

黄色が似合いますね!

カソルラの抜けた穴を埋め、攻撃の要となることを期待されています。

ファンからは「メッシやジョルディ・アルバよりスペイン語が上手だ!」と驚きの声が上がっています。

Saludo de Takefusa Kubo

久保選手が語っている内容は以下の通りです。

「オラ、僕はタケ・クボです。ビジャレアルにやって来ることができて、とてもうれしいです。一緒に素晴らしいシーズンにできたら素晴らしいですね。グロケッツのみなさんに挨拶をさせてください。そして、(親指を立てて)エンダバント!」

※オラは「やぁ」と挨拶の意味 ※グロケッツはグロケットの複数形で、バレンシア語で黄色を意味。ビジャレアルの選手やサポーターたちを指す ※エンダバントはビジャレアルの決まり文句で、こちらはバレンシア語で「前へ」や「前進」を意味している。

https://twitter.com/VillarrealCF/status/1292838128328351750?s=20

久保選手移籍の正式発表前のビジャレアルの匂わせ、そして要注意人物合流の噂(8月10日)

レアルマドリーのまさかのCL敗退を受け、一部で久保選手の電撃レアル復帰があるのではないか、ビジャレアルからの正式発表が遅れているのはそのせいではないかという噂まで出ています。

しかし、そうではなさそうです。

twitterのアカウントでビジャレアルは、日本時間22時30分ごろに日の出の写真を掲載。「日出ずる国」からの助っ人到着を示唆すると、その1時間後にはルービックキューブの画像を載せた。キューブはスペイン語で「Cubo」。もはや“匂わせ”の域を超えたようにもみえる。

久保選手の12日からの練習参加も噂されています。

またバレンシアからの主力選手2名の移籍の噂もあるそうです。

キャプテンのダニ・パレホとフランシス・コクラン。

このダニ・パレホが問題の人物。

バレンシアで若手フェラン・トーレスが合流した際、2週間も無視を続けたらしい。

監督解任の戦犯扱いもして、フェラン・トーレスとイ・ガンインの若手2人はロッカールームで無視されていたのだとか。

これらをフェラン・トーレスがラジオで公表したことで、ダニ・パレホもチームを去ることになったようですね。

この若手苛めのダニパレホがチームメイトになることは久保選手にとって要注意です。

ハートの強い久保選手なら乗り越えてくれると思いますが。

久保選手の市場価値がベイル超えしたとアス紙が発表(8月4日)

30Mユーロ=37億4千万円。

しかしライバルのロドリゴやジュニオールがその1.5倍の市場価値ですから、まだまだ久保選手は価値を上げていかなければ、レアルに復帰できません。

出展:as

久保選手が欧州5大リーグで10代の最多出場時間か(7月31日)

未確認ですが、このつぶやきを見る限りだと最多出場試合数も獲得していそうですね。

https://twitter.com/Footy_Agency/status/1288446881446547457?s=20

20歳以下のキーパスランキングで欧州2位に久保(7月26日)

キーパスとは、得点にはならなかったが得点チャンスを創出したパスのことです。

「アシスト未遂」ですね。

キーパスが多いということは、強豪に移籍すればさらにアシストを増やす可能性が高いということになります。

20歳以下で欧州2位は凄すぎます。

久保選手の今季はキーパス(20)+ゴールアシスト(5)=チャンスクリエイト(25)となります。

出展:cooljapan

UEFA.comが今季ラリーガブレイクベスト11に久保を選出(7月23日)

欧州サッカー連盟公式サイト『UEFA.com』のスペイン版が2019-20シーズンのラ・リーガでブレイクしたベストイレブンを発表し、久保建英が選出された。(中略)

「タレントのある日本人は、近代のフットボール界で多くの選手が持ち合わせているわけではない溢れんばかりの能力とともに、異なる選手であることを証明した。彼がこのメンバーに入ることは論をまたない」と評価した。(ゲキサカ)

ファティ、オカンポス、ウーデゴーア、バルベルデなどお馴染みの若手に交じって、久保選手が選出されました。

グラナダから3名、セビージャから2名が選ばれていますね。

降格チームから選出されたのは久保選手のみです。

出展:ゲキサカ

マジョルカ降格決定もスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が久保を評価(7/18)

「間違いなくマジョルカでセンセーションを巻き起こした。ビセンテ・モレノ監督のチームで最も傑出した選手。ほとんどの時間、チームメイトよりも速いスピードでプレーし、アンバランスを生み出していた。だが、彼のクオリティで救いを得るには不十分だった。一人でプレーしすぎて仲間に支えられていないことも多々あった。19歳の才能あるMFはチームを背負おうとしていたが、その一歩を踏み出した選手は他にいなかった」

ラリーガ再開後の久保のドリブル成功数がメッシに次いで2位!

「メッシが1位(58回)であることには何も驚かないが、久保選手だけがメッシの半分以上のドリブル成功数(28回)を持つことには驚いている」という内容ですね。

https://twitter.com/SofaScoreINT/status/1283365606792863746?s=20

【19~20・37節グラナダ戦】1-2で逆転負けし、1試合残して降格決定。久保は救世主になれず

久保選手は今節も得点には絡めず。

守備への負担が大きく体力を消耗している印象と、前線での孤立が目立っていました。

久保選手を信頼してパスを回す機会を増やすべきだったと思います。

「気の毒だ」救世主にはなれず…。最終節待たずに2部降格決定

【19~20・36節セビージャ戦】0-2で敗戦し、久保は見せ場なし

この試合で見事に存在感を消した久保選手。

評価は3点満点で0点でした。

顔に疲労が出ており、味方に良い位置でパスをもらおうとする動きもなく、相手のマークも手ごわく厳しかったですね。

バネガとレギロン(レアルからのレンタルの先輩)のマークに苦しんでいました。

久保選手はただでさえ疲労していたのに、レギロンの果敢な攻めへの対応にも苦労していたため、もうすっかり存在感が消えてました。

久保選手の全タッチ集では、後ろに下げるパスが目立ちましたね。

チームの内容も点差以上に開いていたと思います。

特にマジョルカ#8のセビージャって、運動量もなくて遠めの枠外シュートで攻撃の芽を摘んでましたね。

海外の反応
  • 久保がボールを持った時、攻撃のチャンスだったが、味方が久保を追い抜いていかなかった
  • マジョルカは久保にあまりパスをしなかった
タケ久保、12試合連続先発!上位セビージャに挑んだ神童タッチ集 TAKE 12/07/2020

で、久保選手のレアル復帰については海外ではこんな反応がありました。

スペイン『アス』が「久保のラストスパート」とタイトルを付け、来季のレアル・マドリー復帰のためにリーガ・エスパニョーラの残り2試合が重要なポイントになるだろうとの見解を示している。(ゲキサカ)

久保選手にとっても、マジョルカにとっても、残り2節が次の1年を決める大切な戦いになります。

自力残留が消えたマジョルカはもう残り2勝しか残留の方法はないです。

しかし対戦相手が10位前後なので、可能性はあるでしょう。

一方、16位のセルタは最下位のエスパニョールには勝つはずなので、もう追い抜けません。

18位のレガネスは対戦相手が悪く、残り連敗が濃厚ですから、抜けます。

17位のアラベスが問題ですが、アラベスが次節でベティスに勝てば、アラベスの残留は決定してしまいます。

アラベスは35節で勝点1を死守したことが大きかったですね。

マジョルカが残留するには条件が2つ。①マジョルカが残り2戦2勝して尚かつ、②アラベスが残り2戦2敗すること。

次節で雌雄は決すると言えますね。

36節での順位と37節以降の対戦相手

37節 38節 得失点差
15位エイバル(勝点39)残留決定 バリャドリッド(14位) ビジャレアル(5位) -15
16位セルタ(勝点36) レバンテ(12位) エスパニョール(20位) -11
17位アラベス (勝点36) ベティス(13位) バルサ(2位) -21
18位レガネス(勝点32) ビルバオ(3位) レアル(1位) -23
19位マジョルカ(勝点32) グラナダ(10位) オサスナ(11位) -24

 

【海外の反応・スペイン】データサイト「Alebia Analytics」がリーガの「キーパス」ランキングを発表。久保は10位!

「キーパス」とは、絶妙なパスで決定的チャンスを演出しながらゴールに至らなかったプレーを指すそうです。

https://twitter.com/AlebiaAnalytics/status/1281688186549395457?s=20

上のグラフだとメッシが凄すぎるということばかり目立ちますね。

出展:GOAL

見方を変えて、リーガ1年目の下位チームにいる久保選手が、レアルのアザール(8位)と同等の数字を出していることに注目してください。

ギャラを考えれば、久保選手のパスは「お得」であることがわかります。

ですが正直、この数字はなぜ「ゴールに至らなかった数字」に限定しているのかわかりません。

「ゴールに至った数字」も加えた方が、決定機を演出できるパサーとしての評価が見える気がします。

Sponcored Links

【海外の反応・英国】「GIVE ME SPORTS」が最もゴールに絡む10代選手ランクを発表。久保は12位!

このランキングはゴール数とアシスト数の合計から判断されてるそうです。

久保選手が12位、中村敬斗選手が18位にランクインしました。

1位はドルトムントのハーランドの44G10Aです。

ハーランドの数字は圧倒的で、メッシやクリロナ級だと絶賛されています!

他に4位グリーンウッド(マンU)、10位ロドリゴ(レアル)、11位ジュニオール(レアル)、14位ファティ(バルサ)など、お馴染みの選手たちが名を連ねました。

俯瞰してみると、欧州にはまだまだ怪物がいますね。

レアル復帰は、(得点+アシスト=25)ぐらいの実績を中堅上位で出したり、CLの大舞台で活躍したりした後でも良いかもしれません。

ジダン監督の選手起用は、一言でいえば「ベテラン重視・実績重視」です。

久保選手はもう少しフィジカルと、大舞台での経験ができてからでも良い気がします。

とはいえ、すでに違約金はスター選手並みの180~240億円が設定されているそうですから、レアルに必要な選手として考えているのでしょう。

出展:ZONE

Sponcored Links

【海外の反応・スペイン】20~21年シーズンに久保のレアル復帰がありそうな4つの理由

理由1:ジュニオールがスペイン国籍を取得するためにEU圏外選手枠が1つ空く

レアルは現在、ブラジル人トリオのFWヴィニシウス・ジュニオール、FWロドリゴ、DFエデル・ミリトンが限られた3つの外国人枠を使用。さらにイギリスのEU離脱の影響から、ウェールズ国籍のFWギャレス・ベイルがEU圏外選手となる可能性もある。これが久保の去就にも関係すると指摘されていたが、EU圏外枠を巡って状況が進展する可能性があるようだ。(ZONE)

ブラジル人、ヴィニシウス・ジュニオールがスペイン国籍を取得することが決まり、枠が1つ空くそうです。

ヴィニシウスが他の将来を約束されている選手たちへ、レアル・マドリードのトップチームへの道を譲ることになる。すでに決定は下され、ホワイトハウス(レアル)はヴィニシウスがスペイン国籍を取得するための適切な手続きをすることになる。  (ZONE)

問題はそれがいつになるかですが、急げば2020年シーズンが終了する前に取得できる可能性もあるとのことです。

そうなれば、久保をレンタルしなくて済むわけですね。

 

理由2:その枠を久保と争うレイニエルはカスティージャ(Bチーム)しか経験してない

サン・ゴンサロ出身の若きアタッカー(ジュニオール)の申請が認められれば、レイニエルとタケフサ・クボの間で争われる外国籍選手の枠一つが空くことになる。2人とも来季(ジネディーヌ・)ジダン監督のチームでチャンスを得るためのレースを戦っている。現時点ではラ・リーガでより多くの試合に出ている分、クボがリードしている。レイニエルにとってはカスティージャ(Bチーム)でプレーしただけで、ヨーロッパに適応しているところだけにすべてが厳しい状況。                    (ZONE)

適応しているところ、というのは語学が大きいでしょうね。

ブラジル人としか話せない選手だとすれば、チームに良い影響を与えにくいでしょう。

久保選手がスペイン語ぺらぺらなのが、生きてきますね。

ま、バルサのために準備してたんですけど。

 

理由3:久保のリーガでの人気が凄いことになっている

連日のようにスペインのスポーツ紙では久保選手の特集記事が組まれ、7月11日現在、スペインのリーガ公式ツイッターでもヘッダーが久保選手になってますね(笑)。

出展:twitter

マジョルカの降格をあと一歩で食い止めるところまで持ってきてる英雄ですからね。

レアルとしてもアジア戦略の強化が課題なだけに、ブラジル人ばかり入れるより、人気の久保を入れる方がビジネスになるという計算もできるでしょう。

ユニフォームが売れそうですもんね。

理由4:レアル専門メディアが「ジダンは戦力として計算したい意向がある」と報道

レアル・マドリード専門メディア「Defensa Central」は、「クボの復帰に関してジダンが扱うはっきりした考え」と見出しを打ち、「マルセイユ出身の指揮官は来季のチームに日本人選手を戦力として計算したい意向がある」と久保の去就について見解を述べている。

「クボは(チームでの)責任を背負い、すべての試合で同僚にとっての解決策となる姿勢を示している。ディ・ステファノでの(6月24日の)レアル・マドリード戦ではセルヒオ・ラモスのようなヒエラルキーそのものの選手に対して恐れず、絶え間なく仕掛けたが、(3日の)ワンダ・メトロポリターノではそれ以上だった。選手は相手として出現したすべての選手に対してその力を無力化することができた。

ジダン監督は選手の成長ぶりを非常に近くでチェックしており、クボのプレーぶりにとても満足している。それはマルセイユ出身の監督が来季彼を自分の指揮するチームで戦力として計算したい意向を持っているということにつながる。ただ、選手と話し合いをした後にクラブ幹部が出す指示を尊重することになる。              (ZONE)

レアル戦とアトレティコ戦で、評価をあげたようですね。

あの辺のDFを「無力化」したことが、あまりにも印象的だったということですね。

この2試合、もう1度見たくなりました!

 

以上4つの海外の反応で、久保選手のレアル復帰が意外に夢ではないと考えられますね。

というか、チャンスならば掴まないと、レアルは23歳の選手だってレンタルに出すんですから、次はいつチャンスが来るかわかりません。

今でしょ!と声を大にして言いたいです。

ただ・・・レアルでポジション争いする相手が世界1の選手たちなんですよね。

それについては次回にしますね!

Sponcored Links

【海外の反応・欧州】世界が様々な評価で久保をランクインさせています!

久保がランキング入りしている世界の評価

英国GOALによる世界最高の若手選手50人 英国90minがリーガ注目の若手11人 英国90minが2000年以降生まれの最強でお手頃価格の選手3人 スペインyahooがゲーム「FIFA21」で数値設定の急上昇を予想する選手
久保(マジョルカ) 9位 6位 2位(50億円) 4位
ファティ(バルサ) 2位 1位 1位(51億円) 5位
ロドリゴ(レアル) 1位 4位

このファティですが、久保選手がバルサのカンテラにいた頃のコンビですね。

先日のバルサ戦ではファティの出番はなかったですが、久保選手がバルサのDF陣を切り裂く姿をファティはどう思ったでしょうか?

実は私も、ファティと久保選手が組んでいる試合を生で(日本で)見たことがあります。

日本のJリーグの下部組織のチームと試合をしていましたが、キックオフから一度もJ下部チームにボールを触らせないまま、ゴールを奪うシーンがあり、度肝を抜かれました。

そのバルサのカンテラチームの中に久保選手もいて、確か#11をつけて堂々たる攻撃の要だったんです。

当時の印象ではファティの武器は長身からの身体能力で、スペースで渡すと厄介な選手でしたが、今は久保選手と同じくらいの身長ですね。

あの選手が今、世界でNo.1の期待を背負ってるなんて、と驚きです。

バルサでは史上2番目の若さでトップチームに昇格したようですね。

ちょっとファティのプレイを見てみましょう!

【バルサ17歳の超新星】アンス・ファティの超絶ドリブル&テクニック&プレー集

映像を見る限りでは、テクニックもそこそこありますが、足元にボールがあっても、スピードで抜け出すイメージですね。

一部では、現在は久保選手の方が上だという声もあります。

もう2年ほどしたら、クラシコでこの2人を見られるのでしょうか?

感無量です。

それとせっかくなので、レアルのロドリゴも見ておきましょうか。

レアルの18歳ロドリゴが、ハットトリック&1Aの大活躍!ブラジル人史上CL最年少ゴール&ハットトリック

これもスピードの選手で、得点感覚に優れていますね。

ドリブルのテクニックで抜くシーンはありませんでした。

ドリブルでいえば、こういう図式かと思います。

         久保建英>ファティ>ロドリゴ

スピードと得点力ならば、こういう図式でしょう。

         ロドリゴ>ファティ>久保建英
若手有望株の3人をタイプで考えれば、こうなるかと思います。
タイプ別で考えれば

          久保建英=メッシ・イスコ・イニエスタ

          ファティ=ネイマ―ル・アザール
          ロドリゴ=クリロナ・ムバッペ

久保選手に関しては、メッシより中盤で無敵のマラドーナタイプではないかという声もありました。

そう聞いて感じたのは、W杯でかなり勝てるかもしれないという期待です。

それにしても、どの若手もファールを喰らってますね(笑)。

洗礼でしょうかね。ケガしないで欲しいです。

Sponcored Links

【海外の反応・英国】90minが「リーガ注目の若手11人」の6番目に久保建英を選出!

英サッカーサイト90minがリーガ若手11人の6番目に久保選手を選出しました!

「小柄な日本人のサッカー選手は、ラ・リーガにおけるもう一つのセンセーションだ。すでにマジョルカは、彼がクラブに最も見合っていない選手であることを気付いているはず。今後、彼の将来がどうなるか不透明だ。マジョルカでプレーを続けることも、レアル・マドリードで居場所を見つけるのも、難しいだろう。より大きな野心を持った新たな期限付き移籍先が見つかることが、成長を続けさせる最高の解決策になるはずだ」と、来季はマジョルカに代わる別クラブへのレンタル移籍を推奨している。          (ZONE)

出展:ZONE

お馴染みのファティ、ジュニオール、ロドリゴ、トーレスがいますが、久保選手は彼らに次ぐ選手としての評価を得ていますね。

この5人はリーガ若手5人衆としてマークしていきたいですね。

特にロドリゴ(レアル)とファティ(バルサ)は、年齢も近くて良いライバルですね。

でも久保選手の評価はまだまだ、こんなものじゃない気がしています。

【19~20の35節レバンテ戦】今季4点目で決着!

マジョルカは9日、ラ・リーガ第35節でレバンテと対戦。マジョルカは前半に先制点を奪うと、終盤の84分には久保がドリブルから仕掛け、最後は自ら左足で押し込み、2-0に。試合はそのまま終了し、マジョルカが3ポイントを獲得している。

スペイン紙『アス』では久保に3点満点の評価を与え、「タケ・クボが決着をつけた」と記してこのように続けている。(GOAL)

やったぜタケ久保、ダメ押しゴールで奇跡の残留へ!レバンテ戦タッチ集 TAKE 09/07/2020

12位のレバンテから勝点3を奪い、残留圏内の17位(現在アラベス)まであと勝ち点差3!

アラベスは次節でヘタフェ(6位)、最終節でバルサ(2位)との試合を残しているだけに、マジョルカとしては何としてでも次節の難敵セビージャ(4位)から勝ち点3を奪いたいですね。

以下の表を見てください。

35節での順位と36節以降の対戦相手

36節 37節 38節
15位エイバル(勝点36) エスパニョール(20位) バリャドリッド(14位) ビジャレアル(5位)
16位セルタ(勝点36) オサスナ(11位) レバンテ(12位) エスパニョール(20位)
17位アラベス (勝点35) ヘタフェ(6位) ベティス(13位) バルサ(2位)
18位マジョルカ(勝点32) セビージャ(4位) グラナダ(10位) オサスナ(11位)

アラベスとの順位を逆転させるチャンスは大いにあります!

やはり勝負は次の36節のセビージャ戦です。

久保の得点時に負けないマジョルカ
  • 1点目・13節・ビジャレアル戦(5位)・3-1で勝利
  • 2点目・25節・ベティス戦(13位)・3-3で引き分け
  • 3点目・27節・エイバル戦(15位)・2-1で勝利
  • 4点目・35節・レバンテ戦(12位)・2-0で勝利

残り3節で、相手は久保選手に2~3枚のマークをつけてくる可能性が高く、最初は味方を使うプレイで先制点を狙うのが良いでしょうが、相手のマークがずれてきたら、突破ドリブルを仕掛けて欲しいです。

それが勝利への近道だと思います。

特に次節で対戦するセビージャ(4位)は、久保選手の移籍が噂されている「ソシエダ(7位)」と同格のライバルであり、久保選手が中堅上位で通用するかの試金石となる一戦でもあります。

出展:SPORTS NAVI

しかし久保選手はすでに守備力リーガNo.1の呼び声高いアトレティコ(3位)のDF陣をズタズタに引き裂いており、ヒメネスが怒ってボールを地面に叩きつけていました。

セビージャからはぜひ得点を奪ってほしいと思いますし、充分可能だと思っています。

そしてセビージャの後の2試合は比較的ラクなので、降格圏内脱出の可能性は、実は65~70%ぐらいあると見ています。

残留圏内17位にいるアラベスが残り試合でかなり強豪と当たるんですよね。

セビージャ戦で勝ち点3ならば90%、勝ち点1でも75%降格圏内を脱出すると思います。

久保選手の評価はますます上昇して、そうなるとあり得ますね、来シーズンのレアル復帰も。

EU圏外枠を久保に使う可能性も出てくると思います。

Sponcored Links

【海外の反応・英国】久保建英が「世界最高の若手サッカー選手ランキング」で9位!

「GOAL」による選出です!

2001年1月1日以降生まれの中から選んでいます。

久保選手は2001年6月4日生まれなので、同世代ですね!!

7位に韓国のイ・ガンイン選手も入っていますが、正直、順位は逆転していると思います。

出展:DAZN

出展:DAZN

出展:DAZN

上の順位で久保選手より上にいるバルサのファティ(2位)ですが、下のランキングでは7位にいます。

下のランキングは、今期リーガの21歳未満で10試合以上出場している選手の活躍です。

久保選手は下位チームゆえに出場時間が長いというアドバンテージはありますが、1位の評価です。

ファティ以外にも、上で1位のロドリゴが下では8位ですね。

出展:お隣速報

 

久保建英がリーガでメッシに次ぐドリブラーであることが判明!

7月8日のサッカーダイジェストwebの記事によれば、リーガでの久保選手のドリブルの成功率と回数が、ともにメッシに次いで2位。

オカンポスやジュニオールたちの数字と比較しても、久保選手は圧倒的に高く、そのクオリティがわかる。

「メッシ2.0」という呼び名も頷ける。

『Opta』が紹介したドリブルランキング
1位:リオネル・メッシ(ドリブル数102回/成功率54.9%)
2位:久保建英(ドリブル数64回/成功率48.4%)
3位:ルーカス・オカンポス(ドリブル数47回/成功率34.0%)
4位:ヴィニシウス・ジュニオール(ドリブル数44回/成功率36.4%)
4位:ファビアン・オレジャーナ(ドリブル数44回/成功率38.6%)
※数字はラ・リーガの直近10試合。順位はドリブル数

Sponcored Links

【19~20の34節アトレティコ戦】0-3も久保が2人抜きなど、リーグ最強の堅守DF陣を切り裂きまくる!

前回の試合に打って変わって、突破ドリブルで再三、右サイドの深くを切り裂きまくる久保選手!

前半だけでサンチェスを2度置き去りにし、後半の3度目にはサンチェスは鋭い切り返しに転倒し、さすがに交替させられてました。

スペイン全国紙『MARCA』は、8分に右SBのアレハンドロ・ポソに見事なスルーパスを通したシーンを「ファンタスティックなパスだった」と表現。さらに42分に、敵左SBマヌ・サンチェス、MFコケの2人を抜き去った場面は、「なんというクオリティーなんだ」と伝えている。

試合後の採点は、満点評価の3点。マジョルカではもちろんひとりだけで、アトレティコでもマルコス・ジョレンテのみ。2ゴール&PK奪取のアルバロ・モラタでも2点だった。(サッカーダイジェストweb)

【アトレティコ×マジョルカ|ハイライト】久保建英、先発フル出場で存在感!|ラ・リーガ 第34節 | 2019-20

すでにジダン監督は「久保とハメスを入れ替えたい」と発言しており、レアル復帰への問題はEU圏外枠だけとなりつつある。

ヴィニシウス・ジュニオールがEUパスポートを取得するという噂があり、久保のチャンスは遠くないかもしれない。

Sponcored Links

【リーガ19~20の33節セルタ戦・2020年6月30日】久保2アシストで4ゴールに絡む!!

1試合2アシストの活躍は、自身初であると同時に、21世紀にリーガで2アシストをした外国人選手の史上最年少記録だそうです。

【マジョルカ×セルタ|ハイライト】久保建英が4ゴールに絡む大暴れ|ラ・リーガ 第33節 | 2019-20

久保建英のマジョルカ(18位)はセルタ(17位)の直接対決を制して、勝ち点3を獲得。

残留圏内との勝ち点差を5にまで縮めました。

下は7月2日の時点での順位表です。

残留圏内の17位のセルタに勝ち点5差です。

残り5節となっていますから、絶対に勝ち点を取っていかないといけないですね。

出展:sports navi

久保選手は5点中4点に絡む活躍(2アシスト&2つ前のパスが2本)でした。

スペインメディア『as』も、「クボのプレーはとても印象的。セルタ戦での個展」と題し、19歳日本代表MFが見せたプレーを動画で紹介。「この日本人は、マジョルカ勝利の立役者の1人だった。5ゴールの内、4ゴールで重要な役割を果たした。スキルフルで効果的だった」と絶賛している。

私の観た感じでは、渋いプレイが多く、これは勝ち点を意識していたことが伺えます。

久保選手は自分にDFを引き付けて、タメを作りながらフリーの仲間を探して、そこに効果的なパスを入れることに徹していました。

パスを受けた味方は、相手ゴールからは少し遠いため、マークが来てない状態が多く、良いシュートが打てていました。

つまり見た目よりも久保選手の貢献度は高いということですね。

独特の足裏を使った運ぶドリブルは、突破を伺う振りをして、実は味方が良い動き出しをするまでの時間稼ぎでした。

右サイドに位置し、ドリブル突破などの派手さは少し影を潜めたものの、それでもフォア・ザ・チームの効果的なプレーを連発した久保。『Goal live』のスタッツでは、ファイナルサードでのパス成功率が両チームトップとなる「88%」を記録。また最多タイの2度のチャンスメイクで2アシストをマークするなど、無駄のない効果的なプレーを見せている。(GOAL)

もっと仕掛けて、ファールをもらいに行く作戦もあったでしょうけど、自身の特性を完全にMFだと決めたかもしれません。

ですが「メッシ2.0」ならば、果敢な突破ドリブルで勝利を勝ち取っていただきたいと思います。

(試合冒頭でやや強めのチャージを受けていた影響かもしれません。)

ちなみに、ここ最近の活躍は、同じ年齢でのメッシができなかったことを久保選手がしているという声も海外でありました。

英メディア「HITC」は「メッシ2.0、ワールドクラス」と久保を評し、バージョンアップを遂げた“新メッシ”となる可能性に触れている。(football zone)

そこで、本家メッシが久保選手と同じ19歳で何をしていたかを調べてみました。

クラシコで自身初のハットトリックを達成して、ロナウジーニョに担ぎ上げられてましたね(笑)。

今でいうなら、#7のアザールに担ぎ上げられている久保選手・・・。

まだ先ですね(笑)。アザールもそんな余裕ないでしょうし。

Sponcored Links

【19~20の第31節レアルマドリー戦】0-2と敗れるも「久保がレアルマドリードのベストプレーヤーだ」の評価!

後半17分には鋭いターンでMFトニ・クロースを振り切ると、巧みなダブルタッチでラモスを抜き、DFフェルランド・メンディもかわして右足でシュートを放つ“3人抜き”も披露した。(Football zone web編集部)

なにがおきた?久保建英、ラモスを抜いた伝説ドリブル!壮絶な未来を確信… Take Sugee Dribble 24/06/2020

久保の印象的なパフォーマンスに海外記者も反応。米メディア「The Athletic」のダーマット・コリガン記者は、自身の公式ツイッターで「クボが圧倒的に突出していた。19歳になったばかりだが、試合の大半で影響力の強い選手となっていた」と絶賛すると、フランス誌「フランス・フットボール」のナビル・ジェリット記者も公式ツイッターで「この試合、久保がレアル・マドリードのベストプレーヤーだ」と投稿している。

また、スペイン紙「AS」のトーマス・ロンチェロ記者も、「タケ・クボはどれだけ凄いんだ」「マドリードの逸材!!」と公式ツイッターで称賛の言葉を送っていた。来季の去就が不透明な状況にある久保だが、マジョルカで成長した姿を保有元であるレアルの前で見せることができたようだ。(Football ZONE web編集部)

このドリブル、シュートまで行けたのは良かったですが、レアルディフェンス陣としては、久保選手を外側へと追いやって、角度のないシュートへと追い込んでいるので、互角でしょうね。

とても良かった。彼は素晴らしい試合をしていたよ。我々は素晴らしい選手であることを知っているが、今日彼はそれを証明した」(ジダン監督)

久保の巧みなボールコントロール、楽々とこなしているように見えるターンは目の保養だ。来季、どれだけのクラブが彼を欲しがるだろうか。

・久保がピッチ上でドリブル成功数、対人勝利数、被ファウル数が一番多かった。彼は素晴らしい試合をしたよ。(レアルサポーター)

 

英国の『GiveMeSport』は、「クボのドリブルは若い頃のメッシを想起させる」との見出しで記事を掲載し、次のように綴った。

「クボはもっともエキサイティングなヤングタレントのひとりだ。目を引くのはドリブルだ。チームは敗れたが、(久保の)保有元のレアル・マドリー側から見ている人にもインパクトを与えただろう」

そして、3人抜きのシーンについては、「S・ラモスとメンディがアマチュアのように見えた」とし、「2人を抜き去るシーンは、若い頃のリオネル・メッシのようでさえあった」と絶賛した。

Sponcored Links

【19~20の第27節エイバル戦】今季3ゴール目が決勝点となり2-1で勝利!

左は切られていたので、利き足とは逆の右で決めました。

【エイバル×マジョルカ|ハイライト】久保建英が今季3ゴール目でチームを勝利に導く! | ラ・リーガ第27節 | 2019-20

見事なパフォーマンスを見せていた18歳MFについて、大手紙『マルカ』は最高点となる「3点(満点)」と採点。『as』は「今後の(保有元)レアル・マドリーで、彼に居場所を与えるべき」と、世界屈指のクラブでも自身の価値を証明できると称賛している。

マドリードの一般紙『Libertad Digital』も、「クボのゴールがマジョルカに夢をもたらした」と題し、パフォーマンスを絶賛した。

「タケフサ・クボは最高だった。この日本人はシーズン最高のフォームを継続しており、(第25節)レアル・ベティス戦のようにビセンテ・モレノ(監督)のチームを照らしている」

「見るたびに途方もない才能を披露するこの日本人は、アウェイ戦2試合で2ゴール。マジョルカに重要な4ポイントをもたらしている」(GOAL)

 

【19~20の25節ベティス戦】今季2点目&1アシストで追いつき3-3のドロー!

ファンの声
  • 股抜いてるところがオシャレでかっこいい!それで利き足ではない右足のシュートってのがまた素晴らしい!!
  • これで右足も警戒され始めれば、左でシュートしやすくなる
  • 1点目のクチョのゴール、クチョが久保にパス出したところから始まってるよな。
  • クチョとウディミルと久保で、マジョルカ上位行こう!
  • 3点すべてに絡んでるのが凄すぎる!
  • 久保君活躍してるとマジでうれしい
  • 久保のポジショニング、パスの精度、ドリブル、全て素晴らしい
  • 久保くんさんはテクいのに足も速いよね
  • バルサ戦、楽しみすぎるわ
  • 久保の変化として1番重要なのはこの守備から攻撃に切り替わった時の全力スプリントだ。脚が速い。この速度で上がられて合わせられたら敵はどうしようもない。
【ベティス×マジョルカ|ハイライト】久保建英が1ゴール1アシスト | ラ・リーガ第25節 | 2019-20

Sponcored Links

【19~20の16節バルサ戦】2-5で敗戦もメッシからまた抜きを狙う!

久保の全プレイです。惜しいシュートもありました。映像の終盤です。

2点目は2つ前のパスが久保選手でした。

カンプノウなので、久保選手にはブーイングが来たようです。

KUBO vs Barcelona

また抜きは股を閉じたメッシの足に当たり、跳ね返ったボールをドリブルして横を抜き去りました。

久保建英  また抜き からの リアクション VS メッシ

星3つから星ゼロの4段階で評価する『マルカ』は、久保に星2つをつけた。これはチームトップタイの好評価で、ほかには好守連発のGKレイナと2得点のブディミルが同じ評価となっている。

『マルカ』は、マジョルカでは「久保の存在が際立っていた」とし、「ラ・マシアで育った選手はカンプ・ノウでの最初の試合を今後も忘れないだろう。ボールを受けるたびにブーイングを受けたということだけでなく、素晴らしいプレーをしたこともある」と記している。(フットボールチャンネル)

 

【19~20の13節ビジャレアル戦】リーガ初得点で両チーム唯一の最高点の評価!

【ラ・リーガ|ハイライト】久保建英 待望の移籍後初ゴール含む3得点に絡む大活躍!試合後インタビューも|マジョルカ×ビジャレアル|ラ・リーガ第13節 2019-20

現地紙『マルカ』の評価では、両チーム唯一となる星3つで最高の評価に。PK獲得と、リーガでの初ゴールを高く評価し、「なんてミサイルだ」とミドルシュートを形容した。(GOAL)

Sponcored Links

久保建英への韓国の反応は?(8月13日更新)

韓国のnews1が久保とイ・ガンインの第2ラウンドを宣言

韓国の総合ニュースサイト「news1」は「韓日の新スター、イ・ガンインと久保がラ・リーガでプライドを懸けて第2ラウンド突入」と見出しを打ち、2人の関係性に注目している。

「韓国の新星イ・ガンインと日本の新星・久保は、小さい頃にスペインで生活して成長した。そして今季トップチームで本格的にプレーしたが、2人は正反対の成績表を受け取った。イ・ガンインは公式戦で24試合2ゴール、先発は6試合のみで十分な出場時間を得られなかった。一方、マジョルカにレンタルされた久保は35試合で4ゴール4アシスト。チームが降格したとはいえ、シーズン後半は先発の座に定着して成長を遂げた。2019-20シーズンは久保が笑ったなか、2020-21シーズンにプライドを懸けた第2ラウンドを繰り広げる」

イ・ガンインはバレンシア退団を辞めた模様。

主将パレホの若手へのイジメが発覚し、フェラン・トーレスやイ・ガンインがロッカールームで無視されていたとのこと。

この一件で主将パレホは退団。イ・ガンインはバレンシアに残留した。

しかしそのパレホ(写真)は、なんと久保選手のビジャレアルへの入団を発表した。

出展:サッカーキング

同じMFの久保選手の邪魔はしないで欲しい。

ところでイ・ガンインだが、ドリブル命なので視線が上がらないため、周囲が見えず、あまりドリブルが良い結果に繋がらない。

球離れが悪いドリブラーなので、削られやすいし、チームの批判も受けやすい。

チームの要を期待される久保選手と、先発6試合のイ・ガンインでは力の差はある。

今年は同レベルのチームなので、勝敗をつけるにはもってこいだ。

韓国紙も熱くなるに違いない。

マジョルカ降格決定後の韓国『MKスポーツ』の記事

「彼はシーズン中に実力を認められたものの、まだレアル・マドリーに復帰するという難問が残っている」。

「(来季に)リーガ王者レアル・マドリーに復帰するシナリオはない」。

久保選手の争奪戦でリードしているとみられるソシエダについて。

「欧州カップ戦への出場権を獲得するかどうかによって、久保の獲得レースに参戦するか決める見通しだ」。

UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)への道こそ断たれたが、最終節を前にUEFAヨーロッパリーグ(EL)出場圏内の6位につけており、EL出場が決まれば、久保選手の移籍は決定する可能性が高いですね。

19~20のレバンテ戦後の韓国の声

 

  • マジでレアルのレギュラーになりそうw            初挑戦のシーズンで4ゴール5アシストww
  • 今日初めて久保を見たんだけど、マジでメッシじゃん。
    あれをどうやったら東洋人が。
  • 久保は中位圏のチームだったら10G10Aもいけたと思う
  • それにしても久保は体が小さいのになんで競り合いで負けないんだ。イ・スンウやイ・チョンヨンなどは外国人選手が近寄るだけで風圧で倒れていたけど。
  • イ・ガンインも久保を見習って頑張ろう  (お隣速報より抜粋)

韓国のファンが久保選手と比較してくるイ・ガンインとはどんな選手でしょう?

【韓国の超新星】イ・ガンインの凄すぎるテクニックTop30

足元はありますがドリブルマニア気味で、顔が下がっているため、パスが出せず、やや持ちすぎな印象。

少年サッカーではSBを任されるタイプですね。

久保選手最大の武器は素早い状況判断ですから、決定的にタイプが違うと感じました。

レアル下部のピピこと中井選手が同じようなタイプだと思います。

Sponcored Links

【19~20のリーガエスパニョーラ33節・6月30日】朝鮮日報

韓国紙『朝鮮日報』は「日本サッカーの未来、久保建英が非常に印象的な競技力を見せた」と紹介。複数のクラブが久保に関心を示しているとの情報もあるが、同紙はレアル・ソシエダやミランの他に、ドルトムントも打診を検討していると伝えている。(フットボールチャンネル)

韓国は市場価格98億円とも言われる、アジア史上最高選手ソン・フンミンがいる余裕ですね。

 

「2020年に注目すべき若手20人」への久保選出に対する韓国の反応

英紙「デイリー・メール」は「2020年に注目すべき若手20人」を独自選出。日本代表MF久保建英(マジョルカ)がアジア人選手で唯一ノミネートされた結果を受け、韓国メディアは「イ・ガンインがいないなんて…」と落胆を持って報じている

バルセロナ史上2番目の若さ(16歳298日)でトップチームデビューを果たしたFWアンス・ファティ、バルセロナの下部組織からパリ・サンジェルマンへ移籍した16歳MFシャビ・シモンズなど、16~20歳の有望株がズラリと並んだ。(FootBall Zone)

Sponcored Links

GOALによる「2001年以降に生まれた若手のTOP50」久保選出に対する韓国の反応!

イガンイン7位、久保建英9位に選出。

「イ・ガンインは周囲の期待に反して目立った活躍を披露できていない。負傷離脱やポジション争いなどが影響して、満足な出場機会を得られていないことが原因にある。ラ・リーガでは11試合、チャンピオンズリーグ(CL)5試合と計16試合に出場しているが、先発に至っては4試合のみとなっていると『スポーツソウル』は言及。

一方で『Goal』は、イ・ガンインについて「今や、このバレンシアアカデミーの生み出した才能のことを世界中のサポーターが知っている。昨年のU-20ワールドカップでは自国を準優勝に導く2つのゴールと4つのアシストを記録し、ゴールデンボールを獲得した」と評価している。

『スポーツソウル』はこの評価を紹介しつつ、イ・ガンインより順位が2つ下の久保についても言及。「今季だけ見れば、イ・ガンインよりも久保のほうが活躍しているのは事実」と認めながらも、「世界のサッカー専門家の間では、イ・ガンインは依然として高く評価されていることを意味する。外部からの評価は大きく変わらないようだ」と伝えている。                         (GOAL)

久保絶賛時に必ず韓国で出るキーワード「イ・ガンイン」。

S.ラモスを背後から3発蹴って一発レッドなど、悪いニュースが多いようです。

バレンシアでは出場機会が減っていて、韓国ファンはやきもきしてるようです。

27節・エイバル戦で決勝点を挙げた久保と交代したキ・ソンヨン談!

「年齢を聞いて驚いた。まだ18歳だったよ。本当に上手だ。あんなにすごいのに18歳だなんて。僕が18歳の時は何をしていたか分からない。(バレンシアに所属する19歳の)イ・ガンインと同じ左利きで、これからが楽しみだね」   (韓国日報)

 

Sponcored Links

久保建英の移籍先は?(8月5日更新)

アスが久保選手のビジャレアル移籍を報道(8/6)

予定通り、明日辺りに正式発表か。

ビジャレアルとレアル・マドリードは5日、久保のレンタル移籍について、買い取りオプションが付随していない1年間のレンタル移籍という条件で合意に達したという。ビジャレアルが久保の給与を負担し、レンタル料を含めた総額では500万ユーロ(約6億3000万円)に達することになる。現在は正式発表を残すのみの状況となっているようだ。

良いチームに決まったと思います。

ビジャレアル研究を近々してみます。

まずは久保選手の今季初ゴールとなったビジャレアル戦3点目のゴールシーンです。

2:10ぐらいから久保選手のゴールです。

【久保建英 待望のLaLiga初ゴール!】第13節 マジョルカ vs ビジャレアル ハイライト/ラ・リーガ 19-20シーズン【WOWOW】

戦績を見ると、接戦をものにするチームのようで、上位に強く、下位に取りこぼす傾向があります。

3位のアトレティコ、4位のセビージャの勝ち点が70なのに対して、5位のビジャレアルは60なので、CLレベルからはやや離されている感じです。

出展:goal.com

 

久保獲得レースでオサスナが断念。彼は黄色のユニフォーム(ビジャレアル)を着るだろうと地元紙「DIARIO DE NAVARRA」が報道(8/5)

出展:DIARIO DE NAVARRA

30ものチームがオファーしているが、最後に何もなければビジャレアルに行くだろうとのことです。

オサスナもチームでの彼の役割を説明して誘い、楽観的な観測を持っていたが、状況は一変しました。

彼はELに進むことを重視してビジャレアルを選ぶ模様です。

ほぼ決まりですね。

これを覆せるのは、CLに進むチーム「アトレティコ」ぐらいです。

アトレティコは当初、名前が挙がっていましたが、途中で消えましたね。

今週末には「黄色いユニを着た久保選手」の会見する姿を見られるかもしれません。

久保選手は候補の中でビジャレアルを一番気に入っている模様。今週中にビジャレアルの決定か(8/4)

as紙電子版によれば、先週、レアルのゼネラルマネージャーであるホセ・アンヘル・サンチェス氏と久保選手のエージェントが話し合いました。

現在、セビリア、ベティス、レアル・ソシエダード、ビリャレアル、グラナダ、オサスナ、セルタ、ヘタフェ、バリャドリード、レバンテ、アラベス、ウエスカ、オランダのアヤックス、イタリアのラツィオなど、12を超えるチームをふるいにかけてきた結果、候補に残っているのはラリーガの4チーム。

ビジャレアル(5位)、セルタ(17位)、グラナダ(7位)、オサスナ(10位)。

その中で久保選手が気に入っているのは、ビジャレアルだそうです。

新監督のウナイ・エメリが粘り強く久保選手を説得しているようです。

レアルにとっては、ELに参戦するビジャレアルとグラナダを希望しているですが、最終的には久保選手が決定するようです。

2019年11月10日の試合(マジョルカvsビジャレアル)では、久保選手が得点し、3-1でマジョルカが勝利しています。

バイエルンも驚くべき金額でオフォーをし、10日間に渡って久保選手を説得したそうですが、久保選手はラリーガのチームを希望しているため、断ったようです。

しかしバイエルンの申し出により、久保選手のレンタル価格はサラリーも入れ500万ユーロ(6億2千500万円)に引き上げることを検討しているそうです。

オサスナの監督が久保選手と直接交渉(8/4)

現在、久保選手の移籍先の筆頭候補なのが19~20年ラリーガ10位のオサスナだと、as紙もMARCA紙も報告しています。。

セビージャはレアルに対して「買取オプション」を要求して、レアルは拒否。

すでにベティスとセビージャは撤退した模様です。

久保選手はオサスナとの交渉で良い印象を持った模様。

オサスナは久保選手に加えて、クチョの獲得も狙っているそうで、マジョルカの攻撃コンビが復活する可能性があります。

出展:as

MARCAでも移籍先候補の筆頭にオサスナの名前があります。

ただオサスナはCLもELも出ないチームです。

久保選手のステップアップとしては、物足りない印象もあります。

その反面、久保選手を中心とした攻撃陣を来季も楽しめることは間違いなさそうです。

出展:MARCA

セビージャが久保獲得レースをリード(7/26)

「オンダセロ」によれば、レアルとの良好な関係を持つセビージャは、すでに久保選手の移籍費用や獲得期間についての交渉を進め、獲得レースをリードしているようです。(MARCA)

確かに久保選手の市場価格は倍増しており、獲得チームはCL出場が条件となっていると思われます。

ラリーガで獲得に名乗りを上げているチームの中で、CL出場はアトレティコ(3位)とセビージャ(4位)です。

アトレティコに至っては、CLベスト8まで勝ち上がっており、CL決勝がマドリードダービーになる可能性も少なくありません。

正直、アトレティコへのレンタルは敵に塩を送り過ぎかもしれません。

レアルには難敵過ぎるんですよね。

消去法でセビージャになる可能性は大です。

現在の久保選手の市場価値を見れば、EL出場のソシエダ(6位)ではややもったいないかもしれません。

エドゥ・ピダル氏が「セビージャがクラブの獲得リストのトップに久保をあげている」と報告(7/25)

スペイン『オンダ・セロ』などで記者を務めるエドゥ・ピダル氏は、自身の『Twitter』で「セビージャが久保を望んでいる。日本人を愛するクラブのリストのトップにいる。(フレン)ロペテギのシステムに完璧にフィットすると彼らは信じている。チャンピオンズリーグでプレーするチームが彼の望みであり、マジョルカで良いシーズンを過ごした選手にとって、さらなる前進になるだろう」とセビージャ移籍の可能性を伝えた。

セビージャはラリーガでレアル、バルサ、アトレティコに次ぐ4位。

CL出場(4位以内)も決めており、久保選手の移籍先としての条件にもマッチしている。

スペイン「ムンド・デポルティーボ」が久保のベティス行きを報道。「アス」はソシエダとベティスの2択と報道(7/23)

スペイン『ムンド·デポルティーボ』電子版は7月22日(日本時間)、「久保がベティス行きを受け入れるものとみられる」と報道した。(スポーツソウル)

ベティス!?

今季の残留17チーム中15位のベティス!?

正直、去年のマジョルカと変わらないレベル。

CLはおろか、ELにも出ない。

久保選手が了承するとは思えません。

この翌日の同紙がこんな報道をしました。

今季Rマドリードから1年間の期限付きでマジョルカでプレーした日本代表MF久保建英(19)に関し、スペイン紙の「ムンドデポルティーボ」は23日、今季リーグ7位で来季の欧州リーグ出場権を獲得したグラナダが獲得に動いている報じた。

 

またスペインのアス紙も、連日久保選手の移籍先について取り上げています。

アスは、「Rソシエダードは日本人選手を求めており、Rマドリードはサン・セバスティアン(Rソシエダードの本拠地)で、ウーデゴールをわずか1年間で大きく成長させた方法を気に入っている」と伝えている。

一方、ベティスについて「新監督に就任した元Rマドリード指揮官マヌエル・ペジェグリーニの存在と、久保が支持するそのプレースタイルが、ベティスを移籍先候補に推している」と説明し、久保の期限付き移籍のもう1つの有力候補であることを強調している。(日刊スポーツ)

23日にはマジョルカ担当のガブリエル氏が、こう語ったそうです。

「タケには、ヨーロッパリーグを戦うレアル・ソシエダか、グラナダがいいんじゃないかな。グラナダは合うと思うけど。R・ソシエダにはウーデゴールがいるからね」と、リーガの来季ヨーロッパリーグに参戦するチームを移籍先に推した。(J.SPORTS)

グラナダもソシエダも、若手が躍動してELに行く権利を得たチームです。(グラナダは予選からスタート)

特にグラナダはDFディアス、MFドゥアルテ、FWヘルナンデスの3名が今季のラリーガのブレイクベスト11に選ばれています。

グラナダは楽しみなチームですね。

2紙の情報を集約するならば、移籍先の可能性は以下の順だと思われます。

①ソシエダ
②グラナダ
③ベティス
グラナダは資金面で久保選手獲得が厳しい可能性も報じられており、「興味がある」程度かもしれません。
すでにブレイクしている選手ですからね。

7月17日の時点での移籍先候補

7月17日現在、マジョルカの降格が決定し、久保選手のマジョルカ残留は消えました。

ここに来て、久保選手がDF陣を苦しめたアトレティコが獲得に名乗りを上げているとのことですが、それでも若手が躍動するソシエダがリードしているそうです。

アトレティコ(リーガ3位)は守備のチームであり、守備もしっかりできる久保選手にはCL出場の機会もあってより良い選択肢だと思います。

ですが、レアル側にとってはライバルチームでもあり、行先は久保選手が決めるにしても、アドバイスとしては関係の良好なソシエダを推す可能性が高いです。

久保選手の心中を察するに、目標はクラシコ出場で打倒バルサを果たすことでしょう。

ソシエダよりもバルサを倒せる可能性の高いアトレティコは、良い選択肢だと思います。

アトレティコのカウンター発動にも、久保選手は機能すると思います。

7月1日の時点での移籍先候補

現在、久保に関心を持っているのが28チーム、オファーが届いてるのが10チーム、その中で最有力なのがレアル・ソシエダ。2番手がイタリアのACミランです。

しかしここに来て、ドルトムントも獲得に名乗りを上げているそうです。

UEFAヨーロッパリーグ選手権(EL)のセリエAでの出場圏内6位にあと一息の7位にいるミランは、久保を獲得するには、6位のナポリを蹴落として6位に浮上することが条件となります。

またレアル・ソシエダは、欧州CLへの出場を目指します。バルサとレアルマドリーは当確として、残り2枠をセビリア、ヘタフェ、アトレチコ・マドリード、ビリャレアル、バレンシア、グラナダと争っています。

ソシエダは7月2日の時点で、EL圏内(6位)のヘタフェまで勝ち点5差、CL圏内4位のセビージャまでは勝ち点10差です。

現実的にはEL狙いですね。

ソシエダ以外の2枠を争うチームからもオファーが届いているようですね。

ちなみにそのソシエダですが、ノルウェーの神童ことMFのマルティン・エーデゴーアがすでにレアルマドリーからレンタルされており、久保選手との連携がそのままレアルマドリーの未来に直結する可能性も高いようですね。

ELの経験を積ませたいというのがレアルの願いのようです。

ところが、ドルトムントですが、ブンデスで2位なので、CL圏内(4位以内)なんですね。

チャンスという意味では、ドルトムントが最強です。

久保選手の移籍先の決定権は久保選手本人が持っており、リーガに残ることを強く希望しているようです。

レアルマドリーのアドバイスを重視する久保選手は、ソシエダを推すレアルマドリーの意を汲んで、レアル・ソシエダ移籍が濃厚と言えると思います。

ですがレアルマドリーは、久保選手の意思を尊重したいと言ってるようですね。

ちなみにPSGは、久保選手の完全移籍を希望してるそうですが、本人が断ったと聞いています。

PSGはスターがいる割にCLで勝てないのが気になります。

久保選手としては、リーガ以外はほぼ考えていないのでは?

スペイン語が堪能ですし。

ちなみにレアルソシエダは、バスク地方なので言語が独特だと聞いています。

バスク人は、バスク語の他に、スペイン語もフランス語も話すそうです。

スペイン語を話す久保選手は困らないはずですが、謎の言語とも言われているバスク語を理解することが、バスク人から愛される秘訣かもしれません。

 

久保建英の現在の市場価格は?(7月25日更新)

7月25日の市場価格(久保選手がついにランクイン!)

下の表は世界の10代選手の市場価格です。

久保選手が堂々の6位にランクイン。

3000万ユーロは37億5000万円で、これまでの1350万ユーロ(約16億8750万円)から、倍以上の急騰です。

この金額は日本人歴代最高(2位は2019年の中島翔哉の2500万ユーロ)であり、2001年生まれの選手としてはロドリゴ(レアル)に次いで世界2位。

これまで1位だった怪物ハーランド(ドルトムント)は、21歳になったため、ランキングから外れました。

金額は7200万ユーロ(90億円)でした。

出展:サッカーダイジェスト

7月1日の市場価格

現在MF久保建英選手(19歳)の市場価値は15.5億円から17.8億円とも言われており、レアルからのレンタル組では、ドルトムントのDFハキミ(21歳)が65億円、ソシエダのMFエーデゴーア(21歳)が54億円、アーセナルのMFセバジョス(23歳)が38億円、セビージャのDFレギロン(23歳)が24億円、バイエルンのDFオドリオソラ(24歳)が19億円だそうです。

レアルレンタル組では6位ですが、年齢を考えれば、最も高額にいく可能性もありますね。

日本人選手では、中島翔哉選手の18億5千万円に継ぐ価格で、富安健洋選手と同等のようですね。

Sponcored Links

まとめ

「久保建英への海外の反応と韓国は?最新動画と移籍先と市場価格は?」について、随時更新中です。

バルサから必要ないという意志表示をされ、その場で泣き崩れたと噂される久保選手。

彼がレアルを選んだのは、それなりの覚悟を胸に秘めてのことですね。

同世代で、バルサで頭角を現そうとしているファティ(カンテラ時代のチームメイト)には負けたくないところでしょう。

そういえばレアルって、23歳でもレンタルしてるんですね。

レンタル先のリーグで得点王でも獲らないと、戻してくれない、あるいは戻しても出場機会がないから、仕方ないのかもしれません^^;

しかしながら、実際のところは「EU圏外枠」がいっぱいで、久保を入団させるには、他のEU圏外選手をスペインに帰化させるか、放出する必要があります。

すぐにでもレアルの右サイドを任せるべきだ、いやモドリッチやイスコと入れ替えるべきだ、という意見さえ出ています。

私たちは海外のエキセントリックな評価に一喜一憂しながら、久保選手を応援して行きたいですね!

移籍先、リーガか、セリエAか、ブンデスか、ELか、CLか、レアルか、どうなりますかねぇ・・・。

日本代表の新10番は久保建英?アディダスCMや市場価格で予想すると?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました