永里優季のトレーニングや性格は?移籍先の男子チームのレベルは?

サッカー
出展:real-sports.jp
スポンサーリンク

永里優季選手が、国内の男子サッカーチームに移籍したことが報道されました。

海外がまず驚いたようで、「歴史的挑戦」と讃えています。

永里選手のすごさとは?男子で通用するのか?移籍先って強いの?などの疑問が湧いてきますね。

そこで今回は「永里優季のトレーニングや性格は?移籍先の男子チームのレベルは?」について調べていきたいと思います!

スポンサーリンク

永里優季のトレーニングは?

男子顔負けの筋肉をつけながら、この柔軟性を同時に磨いているのが特徴です。

肩甲骨がエグイ!

フロンターレの齋藤学選手もびっくりの可動域。

背中全体もエグイ!>>

Sponcored Links

永里優季の性格は?

性格がエグイ!

恐ろしく負けず嫌いです。

ライバル視していた妹の永里亜紗乃さんとは、10年間、口をきかないほど(笑)。

妹さんがこう語ってます。

姉とは口もきかないぐらいバッチバチ(笑)。中学、高校も同じクラブチームに所属していたので、行きも帰りもずっと一緒なんですよね。私は私でイライラしているし、姉は姉で何でいつも真似をするんだみたいな感じでした。

思えば、姉はこだわりが強くて、机の上をすごくきれいに整理していたんですけど、イラついたときは、それをグシャグシャに乱したりしたこともありましたね。10年ぐらいは口をきかなかったんじゃないかな。(NUMBER)

日本代表では、チームで孤立していたこともあったようです。

自分に厳しいのと同様、周囲にも高いものを求めていたということでしょう。

当然ながら、永里さんの挑戦は海外へ広がり、世界最高峰の「リヨン」に所属し、アジア選手のCL制覇とW杯制覇を成し遂げています。

ところが先日、同じリヨン所属の熊谷選手がCL決勝での日本人女子得点を決める快挙を成し遂げました。

永里選手にとって、これは悔しいでしょう。

2017年にこんなことを語ってます。

ちょうど7年前の2010年、(CL)決勝のピッチに立ち、PK戦までもつれ込んで優勝を経験したこと、6年前、チームは決勝に進出したけど、決勝は、、、前日に膝に打った痛み止めの注射をドクターが失敗し(もう時効なのでいいかな😂)、膝下が全て麻痺して試合までに感覚が戻らずまともに歩けず、ピッチに立てなかったことを思い出した。

やり残した感のある永里選手は、次の「」に挑む必要があったのではないでしょうか?

男子サッカーへの挑戦は、女子CLツイッターでこんな風に書かれています。

歴史に残る移籍」。

永里選手のアドレナリンが出てると思います。

そしておそらく、本当の目標はこうでしょう。

女子初のJリーガー!

違ってたらスミマセン(笑)。

Sponcored Links

移籍先の男子チームのレベルは?

永里選手の移籍する「はやぶさイレブン」は、神奈川県2部リーグの所属しています!

Jリーグ参入を目指しているそうですが、その道の険しさはハンパないです。

リーグ名称 加盟チーム数 サイトへのリンク
Jリーグ J1 18チーム 現在の順位表
Jリーグ J2 22チーム 現在の順位表
Jリーグ J3 18チーム 現在の順位表
JFL   16チーム 現在の順位表
KSL(関東サッカーリーグ)

Division1

10チーム 現在の順位表
KSL(関東サッカーリーグ)

Division2

10チーム 現在の順位表
神奈川県1部リーグ 10チーム 現在の順位表
神奈川県2部リーグ(現在ココのDブロック所属) 7チーム×4ブロック=28チーム 現在の順位表

Jリーグまでは、気が遠くなるような道のりです。

永里さんの目標はたぶん、女子初のJリーガーでは?

ルール上は可能みたいですね。

 

しかしながら、下の映像は「はやぶさイレブン」の試合風景です。

はやぶさイレブンの試合>>

Jリーグのスピードではないですが、男子としてのパワーは感じます。

ここに永里選手が入るというのはやはり想像しにくいです!

チームのHPを見てきましたが、海外経験のある選手がたくさんいますし、外国人選手もいますね。

プロで食べてる選手ではなく、社会人として仕事を持ちながら、J参入を目指すチームのようです。

元日本代表の永井雄一郎(41歳)も所属しています。

映像ではパワーもスピードも男子そのものなので、永里選手はどこまで通用するのか、楽しみです。

Sponcored Links

まとめ

今回は「永里優季のトレーニングや性格は?移籍先の男子チームのレベルは?」について調べてきました!

男子サッカーへの挑戦は、永里選手が先駆者として取り組んできた肉体トレーニングに集大成とも言えますね。

そして何より、前人未到であるということ。

道なき道を切り拓く永里選手を応援して行きたいと思います!

注目ですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました