名古屋ウイメンズマラソン2020の結果速報!順位やタイムと招待選手は?

ランニング
出典:thetv.jp
スポンサーリンク

いよいよ、東京五輪の女子マラソン3人目の選手が決まる大会、名古屋ウイメンズマラソンが始まります!

1月26日の大阪国際女子マラソンで、松田瑞生選手の出した2時間21分47秒を超えて東京五輪の切符を手に入れる選手が出てくるのか?

その結果速報、順位やタイム、そして招待選手や順位予想についても書いていこうと思います。

スポンサーリンク

名古屋ウイメンズ2020の結果速報は!

当日、10kmごとに先頭集団の注目選手とタイムを速報で刻んでいきます!(外国人選手と日本人選手が分かれたら、それぞれを追います!)

 先頭集団メンバー  先頭集団タイム   レース展開
5km地点 16人。注目選手は全員いる。 16:40 雨。気温8℃。注目選手は集団にいる。雨のため白線ですべるのを避けて走る。
10km地点 変わらず16人。うち日本人9人。 33:19 去年より速いペースなので、苦しそうな選手もいる。ここまでキロ3分20秒ペースを正確に刻む。雨は小雨に・
15km地点 日本人3人(池満、上杉ともう1人)脱落。キプロプとサイナが途中棄権。先頭集団は11人。岩出選手苦しそう。 50:11 この地点での50分11秒は2時間21分47秒ペースを16秒ほど上回る。
20km地点 福士と岩出とバーソシオが脱落。先頭集団は8人。日本人は一山、安藤、佐藤、細田が残っている。 1:10:26 松田瑞生の記録のペースは、1:10:53なので、大きく上回るタイムで来ている。安藤は大会前に調子が上がらず、第2集団で良いと言われていたらしい。チームメイトの一山は練習から絶好調だったとのこと。
25km地点 細田選手が遅れ、残り7人。日本人は3人。 1:23:29 松田選手の記録のペースは1時間24分00秒。これを31秒上回る。間もなくペーサーが外れる。名古屋は後半もペースを刻めるコースだという解説あり。
30km地点 ペースの上げ下げがあり、集団7人が縦に。一山が出て、安藤に遅れる気配。 1:40:30 松田選手のペースは1時間40分48秒なので、このままイーブンペースでも破れる。
35km地点 一山が飛び出し、独走。ペースを上げる。2位のヘレン・トラに大きな差をつけている。 1:56:45 松田瑞生のペースは1:57:36なので、大きく上回る。予想フィニッシュタイムは2時間20分46秒で、国内最高記録が出そうな勢い。
40km地点 一山が独走。国内のレースの最高記録ペース。 2:13:16 松田の記録ペースは2時間14分24秒なので、内定はほぼ確実。2時間20分台前半の予想フィニッシュタイム。一山選手のシューズはアルファフライ。

名古屋ウイメンズ2020の順位やタイムは?

ここはレース後にアップします!

順位   選手名  タイム   所属
 1位 一山麻緒

(東京五輪代表決定)

2:20:29 ワコール
 2位 安藤友香 2:22:41 ワコール
 3位 ピュアリティリオノリポ 2:22:56 ケニア
 4位 ヒルト・ダンテ 2:23:17 エチオピア
 5位 佐藤早也伽 2:23:27 積水化学
 6位 ヘレン・トラ 2:23:52 エチオピア
 7位 ビルケ・デベレ 2:25:08 エチオピア
 8位 細田あい 2:26:34 ダイハツ
 9位 岩出玲亜 2:28:39 アンダ-アーマー
 10位 大森菜月 2:29:29 ダイハツ
 11位 本田絵里香 2:29:51 肥後銀行
 12位 上杉真穂 2:30:00 スターツ
 13位 池満綾乃 2:30:07 鹿児島銀行
 14位 鈴木千晴 2:30:19 日立ビルシステム
 15位 松田杏奈 2:30:35 京セラ
 16位 岡田唯 2:32:00 大塚製薬
 17位 川内理江 2:32:14 大塚製薬
 18位 松本亜子 2:33:01 デンソー
 19位 橋本奈海 2:33:09 三井住友海上
 20位 野添佑莉 2:34:04 三井住友海上

出典:伊勢志摩経済新聞

注目の招待選手や順位予想は?

まず今回の招待選手の中では、美人選手のヘレン・トラ選手が、持ちタイムでは頭一つ抜けています。

松田瑞生選手の2時間21分47秒も上回る自己ベストを持っているので、このヘレン・トラ選手をマークしてついていけば、五輪への切符が手に入る可能性があります。

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

以上の4人が2時間21~22分台までを持つ選手で、先頭集団を形成してくる核の選手だと思います。

対する日本選手ですが、何と松田瑞生選手の2時間21分47秒を上回る自己ベストを持つ選手がいます。

忍者走りの安藤友香選手です。

安藤選手の2時間21分36秒は、初マラソン日本最高記録であり、しかもこの名古屋ウイメンズ2017で出した記録なんです!

ですからかなり期待できると思います!!

でもここ最近、不調が続いてます・・・。

その後は2時間26分47秒(2019年のロンドンマラソン)が最高で、2時間21分36秒には遠く及びません。

MGCでも8位(2時間36分29秒)でした。

以上、安藤選手に関する、良い情報と悪い情報でした。

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

福士加代子選手も可能性あります!

2019年は大阪国際女子で途中棄権、名古屋ウイメンズでは2時間24分9秒(8位)でした。

力に陰りが見えていますが、去年はMGC出場権を得た演技の良い大会でもありますので、ぜひ上位に食い込んで欲しいです!

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

岩出玲亜選手は2019年の名古屋ウイメンズでは、日本人トップの5位でフィニッシュしたこともあり、好印象の大会だと思います。

そして実は持ちタイムでは他選手より遅れを取っているものの、MGCでは途中まで果敢にレースを引っ張って6位だった一山麻緒選手に、大きな期待がかかっています。

22歳の若さがあり、伸び盛りで、アグレッシブな性格です。

ワコールの永山監督も「2時間21分30秒の練習をしてきた」と、松田超えの意欲十分。

一山さん本人も「松田さんの記録を切らないといけないという覚悟を持ち、良い練習ができた。東京五輪のラストチャンスなので、しっかりひと枠を取りたい!」と発言しています。
なかなかここまで言い切る選手は少なく、さすが薩摩おごじょだなと期待してしまいます。
名古屋ウイメンズは、日本の美人ランナー「一山真緒」さんとエチオピアの美人ランナー「ヘレン・トラ」さんの一騎打ち、となったら盛り上がりそうですね!
鍵は、一山選手の30km過ぎの粘りですね。
他に野上選手にも走れなかった一般ランナーの分まで、ぜひ頑張って意地を見せて欲しいです。

出典:名古屋ウイメンズ公式サイト

今大会は、とにかく優勝してもタイムが遅ければ意味のない特殊なレースなので、イケイケの一山真緒選手を中心に、序盤から外国人ランナーの先頭集団にしっかりついていくと思います。

もちろんペースメーカーも、松田瑞生さんの2時間21分47秒を超えていけるようにペース設定していくらしいです。

出典:朝日新聞デジタル

まとめ

余談になりますが、名古屋ウイメンズマラソンは、一般参加のランナーにとっては、完走したら「ティファニーのペンダント」のご褒美付きレースです。

出典:メリカリ

今年は一般参加ランナーは中止になりましたので、「オンライン・マラソン」という、好きな42kmを完走して送れば、ティファニーのご褒美がもらえることになっています。

さすが女子マラソンだなと感心いたします。

 

そんなわけで今回は、名古屋ウイメンズマラソン2020の結果速報、順位やタイム、そして招待選手や展開予想について検証してみました。

松田瑞生選手の出した2時間21分47秒を超える選手が出てくるのか?

熱い戦いが始まります!

コメント

タイトルとURLをコピーしました