虹プロジェクト・ファイナルステージ前半で見えた合格者は5名!デビュー人数は?

アイドル
出展:twitter
スポンサーリンク

目次

6月19日(金)のスッキリでは、ファイナルステージのマヤチームの「Boom Boom Boom」が披露されました。

と同時に、審査のルールなども発表されていました。

マヤチームへの審査内容はちょっと意外な辛口でした。

やはりJ.Y.Parkさんはウヨンさん(2PM)にやや引っ張られていますね。

あるいはウヨンさんがそういう悪役の役割を担っているのかもしれません。

辛口審査の後に「もっと楽しんでください」って言われても(笑)。

どうなる12人!!

そこで今回は「虹プロジェクトのファイナルステージ前半で見えた合格者は5名!デビュー人数は?」について検証していきたいと思います!

スポンサーリンク

虹プロジェクトのファイナルステージの前半で見えた合格者は5名!

キューブ4個でデビューできるらしく、4個に達していなくても、その力があると認められた場合はデビューできるそうです。

ということは、4個集めたら、嫌でもデビューできるというわけですね。

J.Y.ParkさんがA⁺の評価としてマコ、リオの名前を出し、その次の評価としてリマとリクの名前を出していました。

これにより、リマとリクはAの評価と位置付けてよいでしょう。

その下の評価は予想ですが、1曲目の評価としては大体こんな感じかなと思います。

A⁺とAの評価は、良いコメントだけをもらえたメンバーです。

前日にマコチームのアヤカさんも良い評価だけをもらえてましたので、Aと位置付けます。

アヤカさんの評価理由は、J.Y.Parkさんも言っていた通り、「実力があるからではなく、伸びたから」です。

A⁻の評価は、課題を提示されたメンバーです。

Bはコメントがなかったメンバーです。

( )内はキューブの数

A⁺の評価:マコ(3)、リオ(3)
Aの評価:リマ(3)、リク(2)、アヤカ(2)
A⁻の評価(予想):マヤ(3)、ニナ(3)、ミイヒ(3)
Bの評価(予想):アカリ(2)、マユカ(2)、リリア(1)、ユナ(1)
これでわかるように、ほぼ100%合格できるのはキューブ3個のマコさん、リオさん、リマさんの3名。
リクさんアヤカさんは1個足りませんが、高評価を得たのですから、恐らく行けるでしょう。(オープニング曲でセンターだったことも、コーチたちの推薦でしょう)
マヤさん、ニナさん、ミイヒさんもキューブ3個で、残り1回のパフォーマンスで行ける可能性が高いです。
これで8名!
これにアカリさんマユカさんが入れるかどうか。
キューブ2個で、しかも講評もなし。
残り1回のパフォーマンスで、J.Y.Parkさんを感動させなければなりません。
厳しいですが、大逆転可能な位置にいると言ってよいでしょう。
ですから、2曲目(虹プロのデビュー曲)の見所はずばり、アカリさんマユカさんです。
ビジュアル的にこの2名は外せない気がしています。

虹プロジェクトのファイナルステージ前半の勝者はマヤチーム

J.Y.Parkさんはマコチーム、モモさんとウヨンさんはマヤチームを選び、多数決でマヤチームだったようです。

ゆえに、キューブの数が変わるはずですね。
4つ集めたメンバーが茶色の名前です。
A⁺の評価:マコ(3)、リオ(3)
Aの評価:リマ(4)、リク(3)、アヤカ(2)
A⁻の評価(予想):マヤ(4)、ニナ(4)、ミイヒ(4)
Bの評価(予想):アカリ(2)、マユカ(3)、リリア(1)、ユナ(1)
リマ(4)、マヤ(4)、ニナ(4)、ミイヒ(4)の4人はデビュー決定?
あとは後半戦と追いキューブですね。

虹プロジェクトのファイナルステージの前半から予想されるデビュー人数は?

8名になるか、10名になるか。
以下は人数の可能性が高い順です(順位は主観です)。
1位・8名
マコ(3)、リオ(3)リマ(3)、リク(2)、アヤカ(2)、マヤ(3)、ニナ(3)、ミイヒ(3)】
2位・10名
【上の8名+(アカリ、マユカ)】
3位・7名
上の8名ー(ミイヒ)
ミイヒは力を出せていないと3回連続で言われ続けているので、4回目も出せない可能性あり。

虹プロのファイナルステージに加えて過去の成績や態度も審査対象

虹プロジェクトのファイナルステージのルール

ファイナルステージでは、MAKO TeamvsMAYA Teamの対戦形式で2戦行うようです。

1戦目は各チームの雰囲気に合ったオリジナル曲対決
2戦目は同じ曲同士の対決。この曲が虹プロジェクトのデビュー曲です!
絶対評価と相対評価の両方を行うと言ってましたので、チーム対決の勝敗もつけながら、個人の評価も行うということだと思います。
キューブを集めたら合格というのは生きてるようですね。

韓国合宿での過去3回の成績も審査対象

韓国合宿での3回の総合順位
チームバトル(韓国) チームミッション(韓国) 個人レベルテスト(韓国最初)
マヤ 1 4
リマ
2 5
マコ
1 3 2
リク
10 4 3
アカリ
5 13
ミイヒ
11 6 1
アヤカ 10
12 7 9
リオ
8 6
ニナ
9 7
リリア 12
10 11
マユカ
11 8
ユナ 11
12 10
モモカ 脱落
13 13 12

ニナさん(9位)、アヤカさん(10位)がアカリさん(7位タイ)、マユカさん(7位タイ)よりも評価が高そうなのは、やはりオンリー1の能力を持っているために外せないメンバーであるということでしょうね。

トレーニングでの練習態度も審査対象

アカリさんは練習態度が悪いと言われたことがあり、そこがネックなのかもしれません。

この「悪い」というのは反抗的な態度というわけではなく、積極性ではないかと思います。

リリアさん、モモカさんも同様でした。

虹プロジェクトのファイナルステージのオープニング曲は「Baby I’m a star.」

これもオリジナル曲だそうですが、審査の対象ではないようですね。

huluのNizi Projectのオープニング曲ですね。

同名の曲でプリンスの曲がありますが、違う曲ですね。

日本語の歌詞の部分を「韓国人が話す日本語っぽく」歌ってるんですが、「日本人が話す日本語っぽく」歌った方が良いと思いました。

イントネーションとか。

https://twitter.com/48maya_/status/1273409603124867072?s=20

それと、このパフォーマンスでリクがセンターだったので驚きました。

髪の色も変えて、カッコよかったです。

Sponcored Links
 

虹プロジェクトのファイナルステージ、マコチームの1曲目は「虹の向こうへ」

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

Sponcored Links

虹プロジェクトのファイナルステージのマコチーム1曲目への評価は?

もも(TWICE)からの評価

たくさん練習してきたのが伝わってきました。

ウヨン(2PM)からの評価

皆さんの明るい姿に気分が良くなりました。しかしとても緊張しているように感じました。先のことを考えて評価するなら、もう少し慎重な判断が必要なステージだったと思います。

J.Y.Parkからの評価

皆さんはデビューしてない練習生であり、プロジェクトを開始した1年前にはレッスンすら受けてない練習生もいました。それにもかかわらず、ここまでのパフォーマンスを見せてくれたことを誇りに思います。

マコさん、練習生のレベルではないです。ダンスも上手でしたが、特に歌を褒めてあげたいです。チームが不安定になってきたとき、マコさんが歌い始めた瞬間にチーム全体が安定して見えました。声が本当にしっかりしていて歌手の声みたい。

リオさん、マコさんに劣らず、練習生のレベルでないダンスを見せてくれた。歌も本当によくなりました。歌に自信があるから、ダンスの実力も発揮できました。特に、マコさんとリオさんが近くで踊っている時、カッコよかった。

アヤカさん、6人の中で一番実力で遅れを取っていましたが、驚くほど成長しました、本当に。レベルが高いからではなく、成長したから誉めてあげたい。

他の3人も頑張ってました。最初で緊張していたから、次は楽しむ必要があります。

Sponcored Links

虹プロジェクトのファイナルステージ、マヤチームの1曲目は「Boom Boom Boom」

マヤチームには実力的に不安な子は1人もいません。

強いて言えばマユカ(上段右)ですが、マユカはスター性があるため、外せないメンバーです。

[FULL/HD 1080p] Maya's Team – Boom Boom Boom Live Performance マヤチーム [NIZI Project 虹プロ Part 2]

Sponcored Links

虹プロジェクトのファイナルステージのマヤチーム1曲目への評価は?

もも(TWICE)からの評価

可愛いだけでなく、カッコイイもできることが分かってびっくりです。

ウヨン(2PM)からの評価

誰に何と言われても楽しむ気持ちが必要です。緊張してるようなので、もっと楽しむべきだと思います。

J.Y.Parkからの評価

マコチームより上手でも、それは当然。マコチームはキューブ3個集めてる子が2人、マヤチームは4人だから。マヤチームには残念だと思うメンバーがいなかった代わりに、マコやリオのようなA⁺評価もいなかった。

強いて言えば、リマとリク。リクはダンスが正確で驚くほど。リマも腕、脚、身体のラインが正確で美しかった。ダンスのラインが本当にキレイ。

マヤは上手くやろうとしすぎ。力が入りすぎていた。

ニナはダンスに自信がないのが問題。自分を表現する余裕がない。大丈夫、今は上手に踊れてます。

ミイヒは1位になってから、少しずつ自信を持って実力を発揮できなくなってる。自信を持てば、あなたに勝てる人はいない。

皆さん、最後のステージでは必ず楽しんで、思いっきりパフォーマンスしてください。

 

虹プロジェクトのファイナルステージのウヨンは辛口審査員?

スッキリ!のファイナルステージ初日も2日目も辛口でしたね。

完全にJ.Y.Parkさんが辛口に引っ張られてます。

ウヨンさんはどんな人なのでしょう?

2PMのリードボーカルで、

I’ll be back.の歌い始めもウヨンです。

2PM "I'll Be Back" M/V

優しく、空気が読めて、真面目で、気遣いができる性格なのだそうです。

ステージでミスをしたときに、すごく落ち込んでいたことがあるようですね。

自分に厳しい性格であり、でもメンバーを気遣える優しさもあると言われています。

歌いだしはウヨンさんが担当することが多いです。

鍛え上げられた肉体でダンスも上手く、司会などもこなします。

練習生時代に、ベテラン練習生と互角以上にダンスバトルを戦ったり、振り付けを他の練習生に教えたりしていたそうです。

2PMでも練習生の期間が最短でデビューを果たし、J.Y.Parkが2PMで一番期待しているメンバーなのだそうです。

虹プロの審査員で呼ばれていることでも、その期待の大きさが伺えます。

今後、優しい発言もしていくのではないでしょうか?

Sponcored Links

虹プロジェクトのファイナルステージの合格最新ネタバレは?

ミイヒ、リオ、マコ、リマ、マヤ、アヤカ。

この6人だけが合格した可能性があります。

この写真は謎なので、引き続き調べていきたいと思います!

この6人だったとしても納得です。

日本合宿から韓国合宿へは26人から13人の半分に減らしました。

すずの脱落で12人になり、デビューが6人なら半分ですから、自然なのかもしれません。

この6人が上位6人だと思います。

ニナとアカリとマユカが入ってても良いと思いましたが。

虹プロジェクトのファイナルステージでStray Kidsがパフォーマンス

この曲、MVに虹プロの子たちが出てるやつですよね?

虹プロジェクトのファイナルステージで1位通過の呼び声高いマコのお姉さんはモデル?

女優を目指して上京してるようですね。

虹プロにはまってるそうです!

出展:twitter

atsuko official on Instagram: “髪もっと伸びんかな〜😳 #hairstyle #black #ナチュラルメイク”
atsuko official shared a post on Instagram: “髪もっと伸びんかな〜😳 #hairstyle #black #ナチュラルメイク” • Follow their account to see 120 posts.
atsuko official on Instagram: “ガッツリ濃いメイクで少し髪ウェーブにして撮影したよー🤎♠️ #model#撮影”
274 Likes, 5 Comments - atsuko official (@atu_yaman) on Instagram: “ガッツリ濃いメイクで少し髪ウェーブにして撮影したよー🤎♠️ #model#撮影”

 

まとめ

今回は「虹プロジェクトのファイナルステージ前半戦で見えた合格者は5名!デビュー人数は?」について検証してきました。

1日ずつ、人数が正確に見えてきました。

今日の時点では、確実なのは5名。

マコさん、リオさん、リマさん、リクさん、アヤカさんです。

マヤさんニナさんも入るでしょうね。ミイヒさんも有力です。

アカリさん、マユカさんはどうなるでしょうか?

ますます注目です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました