大迫傑の東京とシカゴでの日本記録のラップは?びわ湖のライバルは?

ランニング
出典:yahooニュース
スポンサーリンク

東京マラソン2020で自己の日本記録を更新して見せた、大迫傑。

インタビューでは涙も見せ、ここまで苦しかったことがよく伝わってきました。

そこで今回は、「大迫傑の東京とシカゴでの日本記録のラップは?」「びわ湖のライバルは?」について検証してみたいと思います。

スポンサーリンク

大迫傑の東京とシカゴでの日本記録のラップは?

表は、大迫傑選手が今回も含めて出した、2度の日本記録のラップタイムの比較です。

距離 東京マラソン シカゴマラソン
5km 0:14:33   14:53
10km 0:29:12(14:39)   30:12(15:19)
15km 0:44:01(14:49)   45:07(14:56)
20km 0:58:42(14:41)   59:51(14:44)
25km 1:13:32(14:50) 1:15:19(15:29)
30km 1:28:40(15:08) 1:29:46 (14:28)
35km 1:43:36(14:56) 1:44:17 (14:31)
40km 1:58:51(15:15) 1:58:59(14:43)
ゴール 2:05:29 2:05:50

※(  )内は5kmごとのラップタイムです。

シカゴマラソンでは、スピードの上げ下げが激しく、大迫選手も20~25km地点でやや疲労してしまった後があります。

その反省として、今回の東京マラソンでは「自分の力以上の走りをしない」で、タイムを均等にして疲労を抑えていることがわかります。

東京マラソンでは、25~30km地点で先頭のペースが上がり、そこについていかなかった大迫選手とついて行った井上選手は、その後の明暗が分かれました。

ついていかなかったというか、その前の2回の水分補給に失敗したため(立ち止まったりも)、少し下がって、確実に補給をしたというのもありそうですし、失敗した補給のダメージがあったとも言えるでしょう。

ダメージがありながら、先頭はペースを上げており、ここで見ている側としては、大迫選手はもう駄目かと思いました。

しかし30~35kmでライバルの井上選手の顔が歪みだすのと一緒に、大迫選手の反撃が始まりました。

キロ3分を切るペースで一気に追いついて、井上選手の表情を見て、一気に抜き去りました。

この辺、復活した大迫選手に余裕があるように感じ、予想タイムも4分台になってましたが、実はそうでもなく、大迫選手は35~40kmでタイムを落とします。

つまり、井上選手をいかに圧倒して抜き去るかに、大きな力を使ったわけです。

大迫傑選手の強さは、戦術眼と学習能力の高さにありそうです。

最後は6位から4位へと順位を上げていながらも、タイムは思ったよりも伸びませんでした。

日本記録を21秒更新したのは非常に素晴らしく、更新しすぎてない点も良いと思いました。

なぜなら、東京五輪本番で3度目の1億円を狙えるからです。

東京五輪がかなり濃厚になりましたが、大迫スタイルを確立したのは大きかったと思います。

つまり、「自分の力以上の走りをしない」ということです。

今回優勝したレゲセは、それでも歴代3位の記録しか持っておらず、東京五輪では銅メダルの本命です。

大迫選手は、メダルを狙って「自分の力以上の走りをする」ようなことはしない気がしています。

自己新、つまり2時間4分台前半であわよくば銅メダル、ダメでも日本記録更新を狙っていくと思います。

プロですから、狙えるうちに狙って当然です、1億円。

出典:msn.com

びわ湖マラソンを走るライバルは?

1週間後のびわ湖マラソンがあるので、大迫傑選手はまだ心が落ち着かないでしょう。

ずばり、大迫選手を押しのけて五輪代表になる可能性が残されているのは4人

出典:びわ湖マラソン公式

出典:びわ湖マラソン公式

この4人はMGCに出場した選手なので、東京五輪代表になる権利を有しています。

自己最高が2時間9~10分台の4人ですから、正直、2時間5分台を出す可能性は0に近いです。

日本人で今まで2時間5分台を出したのは大迫選手しかいません。

しかも5分台前半が必要です。

東京マラソンの高速コースで出た、2時間5分29秒がびわ湖で出ることは、例え大迫選手であっても考えにくいです。

この4人も、本気で五輪代表を狙いに行くなら、高速コースの東京マラソンを選んだ気がします。

99%確定だといえるのではないでしょうか。

なぜ100%でないかといえば、びわ湖マラソンに出る、チェベト(ケニア)とケモンゲス(ウガンダ)は日本記録を上回る自己ベストを持っているからです。

タイムは、チェベトが2時間5分00秒、ケモンゲスが2時間5分12秒です。

日本人4人が独走では日本新を出せないとしても、この2人の招待選手と最後まで競るような展開になったら、わかりません。

出典:the answer

まとめ

今回は、「大迫傑の東京とシカゴでの日本記録のラップは?」についてレース展開を思い出しながら検証し、一週間後の「びわ湖マラソンのライバルは?」についてもご紹介しました。

いずれにしろ、楽しみです、一週間後のびわ湖も!

そして瀬古さんから最後に一言あったようですね。

こんなレースをしてるようではメダルは獲れない」。

厳しいですね!

瀬古さんも期待されながら取れなかったからなぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました