「リモートで殺される」hulu版のネタバレと考察は?犯人は複数?

ドラマ
出展:公式サイト
スポンサーリンク

TVの「リモートで殺される」、怖かったですね。

HuluではTVと同じ流れですが、裏側も観ることができました。

そこで今回は『「リモートで殺される」hulu版のネタバレと考察は?犯人は複数?』について書いていきます!

スポンサーリンク

「リモートで殺される」hulu版ネタバレと考察は?犯人は複数?

ネタバレが嫌な方は、ここからは読まないようにしてください!

いきなり犯人から。

主犯は松園佳代子(前田敦子)で、共犯が井上透(早乙女太一)です。

井上と松園はリモートを留守にすることが多く、怪しかったですね。

犯人は身近でないと怖くないですし、リモートの6人の誰かが犯人だと一番怖い。

で、そのリモートの6人から犯人を出すには、最初に1人が犠牲になるフリをして、リモート画面から消える必要がある。

最初に死んだのは松園だったので、犯人の可能性が高まりました。

また井上透はリモートから消えすぎるため、何らかの役割を担っていることは予想できました。

しかし最後の謎解きを、野島絵里が担当しなければならないため、自分が田村由美子(齋藤飛鳥)が同性愛者だと知っているのに、わざわざ田村由美子の実家まで電話して、恋人は女子だったことに驚くシーンがありました。

これはストーリー上の小さな破綻です。

もう1つの破綻は、古郡一馬のケータイの写真に写ってしまったのが、野島絵里だとわかりそうなものなのに、「もう1人誰かがいた」と古郡が野島絵里に伝えていたことです。

Sponcored Links

Huluの追加シーンは?

①古郡一馬が殺されて死体となったことが手首のバングルでわかるシーン(高校から7年間同じバングルをしていたことがやや不自然)

②ビールを取りに行った時、松園佳代子(前田敦子)は謎の怖い顔をする。これは井上透(早乙女太一)が松園佳代子の部屋に登場したから。井上は直後に隣室でリモート開始。

③井上透が、北川淳二(前野朋哉)、藤原太(柄本時生)、野村優作(新田真剣佑)を順に殺していくシーン。TVと同じだが、違うのは犯人の顔が見えること。ここでかなり設定に無理があると感じるのは、短時間に3人を殺して回れた点。だが、よく考えれば短時間である必要はない。みんな秘密を抱えていて、警察への通報はしにくいので、夜のうちにゆっくり回れば良い。

④松園が井上を共犯に誘うシーン。井上は松園に共犯をおねだりされて、観念したような表情で受け入れる。松園の魔力のようなものを感じる。

⑤野島は松園に質問。「でも何で野村君や北川君たちまで?」と聞くが、もう目つきがおかしい。松園の魔力のようなものを感じる。松園は野島を殺すわけでなく、2人で田村由美子の方に向かって進み終わる。窓の外にぼんやりと映る田村由美子が笑っている。

観た後で感じたこと

リモートしながら殺していくのは難易度が上がる。

1人が死んだあとは警戒されるからだ。

自宅までわかっているなら、一晩のうちに順番に殺していく方がやりやすいだろう。

どうせ、松園は死ぬつもりだし、井上も2件の放火殺人となれば、無期懲役は覚悟。

リモートで警戒されながらやる必要はなかった。

しかも動機面では、北川淳二(前野朋哉)、藤原太(柄本時生)、野村優作(新田真剣佑)を殺す必要性がない。古郡一馬も同じ。

「田村由美子(齋藤飛鳥)が寂しがっているから、皆にも死んでもらいたかった」という説明だったが、やや無理を感じる。

田村由美子(齋藤飛鳥)が死んだとき、誰も証言をしなかったことは悪いが、それは松園も同じであり、1人で他のメンバーに非を問う資格はないし、動機に論理性を感じない。

今回の事件は、松園が野島絵里を巻き添えにして自殺すれば済むことだった。

 

Sponcored Links

まとめ

今回は『「リモートで殺される」hulu版のネタバレと考察は?犯人は複数?』について書いてきました。

TVの内容は驚きましたが、huluの方は予想通りでした。

「あな番」みたいに連ドラかと思いましたが、1回で終わりましたね。

それとサスペンスに、少しホラーの要素があって、さすが中田秀夫監督だなと。

前田敦子さん、怖かったぁ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました