ストロベリームーン2020年が東京で見える時間は?恋が叶う?なぜ赤い?

社会
出展:twitter
スポンサーリンク

6月5日(金)の夜は、満月が赤く染まると言われているストロベリームーンです。

東京ではいつどっちの方角で見られるのでしょう?

そこで今回は「ストロベリームーン2020年が東京で見える時間は?恋が叶う?なぜ赤い?」について調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

ストロベリームーン2020年が東京で見える時間は?

東京で見られるのは、6月5日夜8時から6月6日の明け方5時ごろまでです。

これは月が地平線から現れ、また沈むまでの時間です。

方角は、東南東から昇って、西南西に沈んでいきます。

月が一番高い位置に来るのが夜中の1時です。

ではその時間がお勧めかというとその逆で、月が一番赤っぽく見えるのは、月が低いときですから、夜8時か、明け方5時がお勧めです。

但し、6月は夏至のある時期ですから、月の軌道は低いです。

建物の影になって見失わないように気を付けてください!

ちなみに2020年の天気予報的にも、関東から近畿、中国四国地方まで観られるそうです!

Sponcored Links

恋が叶う?

世界的に、ストロベリームーンは恋に効くと言われているようですね。

ネットを調べてみると、いろんな方法がありますね。

ストロベリームーンを好きな人と一緒に見て祈ると、その人と結ばれる。
片思いの彼なら付き合えたり、お付き合いしている彼なら結婚できる。
もし逢えなくても、同じ時間に月を祈れば願い事が叶います。
ストロベリームーンの写真を待ち受け画面にすると、恋愛運が上昇する。
ストロベリームーンは、まさしく恋の万能薬ですね。
あなたは誰と一緒に見たいですか?
ぜひ実行してみてはどうでしょうか?
Sponcored Links

なぜ赤い?

アメリカの先住民が、満月の呼び名を毎月変えていて、6月はアメリカで野苺の収穫期であることから、ストロベリームーンと呼んでいるそうです。

アメリカの先住民は、満月を毎月違う名前で呼んでいるようですね。

この感性は、日本の四季を愛する感性に通じるものを感じます。

1月: Wolf Moon(狼月)
2月: Snow Moon(雪月)
3月: Worm Moon(芋虫月)
4月: Pink Moon(桃色月)
5月: Flower Moon(花月)
6月: Strawberry Moon(苺月)
7月: Buck Moon(男鹿月)
8月: Sturgeon Moon(チョウザメ月)
9月: Harvest Moon(収穫月)
10月: Hunter’s Moon(狩猟月)
11月: Beaver Moon(ビーバー月)
12月: Cold Moon(寒月)

ではなぜ月が赤くなるのでしょう?

北半球では、1年で一番満月が赤っぽいのが6月なのだそうです。

というのも、北半球では月の高さは夏に低く、冬に高くなります。

夏至(6月22日ごろ)の月は、一年のうちで一番地平線に近い軌道を通るため、大気の影響によって赤く見えるのです。

これは地平線近くの夕日が赤く見えるのと同じ理由です。

詳しく言いますと、光が届く経路の長さによるようです。 昼間の光に比べ夕日は斜めに大気の中を通って届きます。

この長い経路の中で波長の短い青い光は散乱し、私たちの目に入る頃にはほとんど失われてしまい、残った波長の長い赤い光が届くため、夕日は赤く見えるのです。

見られない方のために、過去の映像を貼っておきますね!

2017年6月9日ストロベリームーン!【出水市】

Sponcored Links

まとめ

今回は「ストロベリームーン2020年が東京で見える時間は?恋が叶う?なぜ赤い?」について調べてきました。

6月は恋が叶う時だと言えそうですね。

今からでも遅くありません、大切な人と夜逢う約束してみてはいかがですか?

そういえば、ジューンブライトなんていう言葉もありますね。

永遠の愛を誓う月なんですね。

ならば6月のストロベリームーンの夜に永遠の愛を誓いあうカップルって最強ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました