森保ジャパンが目指すサッカーとは?その意外なルーツと東京五輪本番のメンバーを検証!

サッカー
Photo by Mario Klassen on Unsplash
スポンサーリンク

AFC U-23日本代表に見られた気になる傾向。

Photo by Waldemar Brandt on Unsplash

東京五輪を目指していたサッカーU-23日本代表のどこが気になったかと言いますと、相手に与えたPKの多さです。

中東勢との連戦だったことは不運でしたが、それにしてもPKを与えすぎていました。

例えば自陣ゴール前で、相手がヘディングしようとするところに、不用意にキックをしにいくシーンがありました。

1つ前の試合(敗戦)でもPKがきっかけとなってましたので、連敗の理由がPKのせいだったとも言えます。

VARでは足が当たってないように見えましたが、結局はPKで引き分け。

0勝2敗1分でアジア優勝を果たせぬまま、開催地枠で五輪を迎えることになりました。

史上最強世代のはずが、予選の負け方は最悪だったと言えるかと思います。

ではPKが多い理由は?

それは森保監督が「気合系の監督だから」だと思います。

優しそうな顔で、戦術を練るタイプに見えますが、本人はインタビューで「気合系」だと自認していました。

サッカーはゴールを奪い合うスポーツだけど、それ以前にボールを奪い合うスポーツ。1対1で勝つことを重視しているそうです。

スポンサーリンク

1対1を重視する風間八宏氏との出逢い。

そこでふと思い出した人がいます。僕が思い出したのは、ずばり風間八宏氏です。川崎フロンターレを圧倒的な攻撃のチームに変貌させ、強くした監督ですね。

風間氏の口癖はこうです。

「サッカーはフィールドの10人みんなが1対1で勝てれば、戦術なんていらない」

その風間氏がプロ選手だった頃、1人の選手がデビュー戦で風間選手からアシストを受けて初得点を奪いました。それが森保選手なのです。

森保選手は、非常に球際の強いボランチで、テクニック系のトップ下(代表ではラモス瑠偉)の背後で、泥臭く奪われたボールを奪い返すのが役割でした。

風間選手との信頼関係も有名です。

森保選手から「試合前にすごく緊張するんですが、どうすれば良いですか?」との相談を受けた風間選手は、「お前、いいなぁ。俺なんて今から明日の試合のために緊張を高めるところだよ。いつも大変なんだよ」と答えたそうです。

森保選手が、風間選手のイズムを受け継いで、ルーツとしていることは想像に難くありません。

デュエルの大切さを提唱したハリルとの戦術の違い。

     Photo by Jannik Skorna on Unsplash

1対1と言えば、決闘。つまりデュエル。そのデュエルを提唱したのは、ハリルホジッチ監督です。

ハリルは解任されましたが、西野監督を挟んで、またデュエルを提唱する森保監督になりました。

この両者、縦パスを重視する速い攻めならハリル、そこまで攻め急がないのが森保監督、との違いはあります。

森保監督の戦術は、2列目の誰かにまずパスを通して、そこから3名ほどで狭く崩していく印象。

FWの大迫選手をケガで欠くためにそういう攻めになるのでしょうが、まだ後方からのビルドアップに前線で鋭く反応してのシンプルな攻め、は見られません。

いろんな選手を試しているために、連携が育ちにくい環境にあるようです。

でももう、東京五輪は目の前です。オーバーエイジを加えて、どう補強されていくのか。

それが、AFC U-23選手権で早く負けすぎて見えてきません。

オーバーエイジを加えた、ほぼA代表のようなチームで泥臭く戦い、勝機を見出す。

さて話戻りますが、1対1は日本代表の永遠のテーマなんでしょうか。

デュエルで勝つには、技術と気合の両方が必要です。風間八宏監督は選手時代にはそれがあったけど、森保監督の選手時代には気合と、ボールを狩る読み、泥臭さがありました。

サンフレッチェ広島時代には、ファールを取らない、荒っぽいこと何でもありの紅白戦をチーム内でやっていた森保監督。

気合は良いですけど、そのために自陣ゴール前でファールを取られては、本末転倒です。

熱い魂とクールな目が、特に守備では必要とされるところです。

まだ戦い方が見えてこないU-23に久保建英や堂安、富安選手が加わり、オーバーエイジからはたぶん大迫、柴崎、酒井宏樹選手の3人が加わると予想されます

確かにこの6人が加わると別のチームになるし、A代表に近いチームになるでしょう。

U-23では、左ウイングはポスト長友の相馬勇紀、GKは大迫敬介、富安の両側DFは固定できず、入れ替えで。

でもDFで退場とかPK謙譲とか、そういう選手はもう必要ありません、短期決戦では。

3-4-2-1のフォーメーションをどう仕上げていくか、森保監督の負けられない戦いは、待ったなし。楽しみですね。

それではまたお逢いしましょう。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました