吉田祐也の進路は?優勝時の5km毎のラップは?国内記録歴代ベスト50は?

ランニング
2020年1月の箱根で青学優勝をけん引した吉田祐也が、福岡国際マラソンで日本人歴代9位の好記録で優勝しました。
箱根を走る前までは引退する予定だった吉田選手の優勝は、全てのマラソン選手に勇気を与えるものだったはずです。
そこで今回は「吉田祐也の進路は?優勝時の5km毎のラップは?国内記録歴代ベスト50は?」について調べてみました!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

吉田祐也の進路は?

内定していたブルボンには丁重にお断りを入れて、GMOインターネットグループへ進みました。

出展:stillness.life

青山学院大学での駅伝では、箱根に初出場するのが4年生でした。

それも作戦だとは思いますが、補欠からの当日繰上りだったとか。

そんな微妙な評価でもしっかり結果(区間新)を出して見せる、粘りと根性は、マラソンに向いてないわけがないです。

箱根までは大学4年で引退を考えていたそうですが、箱根に出て本当に運命が変わりました。

腐らず、諦めず、普段からしっかり積み上げておいたからこそ、ですね。

吉田祐也選手略歴

1997年4月23日生まれの23歳。埼玉県東松山市出身、164㎝、47㎏。

埼玉の東京農大三高では全国大会出場の経験はなし。

2019年に青学陸上部・長距離ブロックの副主将を担当。

●陸上引退のつもりで走った2020年大学4年の箱根4区は、自身初の箱根出場。

●そこで2位で受けたタスキを1位でつなぐ区間新記録を樹立し、青学優勝に貢献。

●2020年2月には、別府大分毎日マラソンで日本勢トップの3位。初マラソンとしては日本歴代2位となる2時間8分30秒。

●内定をもらっていたブルボンには丁重にお断りを入れ、2020年4月からMGOインターネットグループで競技生活を続行。

監督に直談判して出場した2020年12月の福岡国際マラソンで、日本歴代9位の2時間7分5秒で優勝。

Sponcored Links

優勝時の5km毎のラップは?

出展:月刊陸上競技

吉田祐也(歴代9位)と大迫傑(日本記録)のラップ比較
吉田祐也(福岡国際マラソン・2020年12月)大迫傑(東京マラソン・2020年3月)
 5km 14:57 14:33
10km 29:55 29:12
15km 44:48 44:01
20km 59:37 58:42
25km1:14:321:13:32
30km1:29:311:28:40
35km1:44:371:43:36
40km2:00:151:58:51
 Finish2:07:052:05:29
Sponcored Links

国内記録歴代ベスト50は?

国内のフルマラソン記録ベスト50
1 大迫  傑 2:05:29 (2:58.4/km) 2020年 東京 東京五輪代表
2 設楽 悠太 2:06:11 (2:59.4/km) 2018年 東京 MGC
3 高岡 寿成 2:06:16 (2:59.5/km) 2002年 シカゴ
4 髙久  龍 2:06:45 (3:00.2/km) 2020年 東京 MGC 
5 藤田 敦史 2:06:51 (3:00.4/km) 2000年 福岡
6 上門 大祐 2:06:54 (3:00.4/km) 2020年 東京 MGC
6 井上 大仁 2:06:54 (3:00.4/km) 2018年 東京 MGC
8 犬伏 孝行 2:06:57 (3:00.5/km) 1999年 ベルリン
9 吉田 祐也 2:07:05 (3:00.7/km) 2020年 福岡
9 定方 俊樹 2:07:05 (3:00.7/km) 2020年 東京
11 佐藤 敦之 2:07:13 (3:00.9/km) 2007年 福岡
12 木村  慎 2:07:20 (3:01.1/km) 2020年 東京
13 小椋 裕介 2:07:23 (3:01.1/km) 2020年 東京 
14 下田 裕太 2:07:27 (3:01.2/km) 2020年  東京
14 服部 勇馬 2:07:27 (3:01.2/km) 2018年 福岡 東京五輪代表
16 菊地 賢人 2:07:31 (3:01.3/km) 2020年 東京
17 児玉 泰介 2:07:35 (3:01.4/km) 1986年 北京
18 大塚 祥平 2:07:38   (3:01.5/km) 2020年 福岡
19 一色 恭志 2:07:39 (3:01.5/km) 2020年 東京 MGC  
19 今井 正人 2:07:39 (3:01.5/km) 2015年 東京 MGC
21 谷口 浩美 2:07:40 (3:01.5/km) 1988年 北京
22 藤原  新 2:07:48 (3:01.7/km) 2012年 東京
23 油谷  繁 2:07:52 (3:01.8/km) 2001年 びわ湖
23 国近 友昭 2:07:52 (3:01.8/km) 2003年 福岡
25 諏訪 利成 2:07:55 (3:01.9/km) 2003年 福岡
26 藤本  拓 2:07:57 (3:01.9/km) 2018年 シカゴ MGC
26 伊藤 国光 2:07:57 (3:01.9/km) 1986年 北京
28 森下 由輝 2:07:59 (3:02.0/km) 2001年 びわ湖
29 前田 和浩 2:08:00 (3:02.0/km) 2013年
30 寺田 夏生 2:08:03 (3:02.1/km) 2020年 福岡
31 三木  弘 2:08:05 (3:02.1/km) 1999年
32 早田 俊幸 2:08:07 (3:02.2/km) 1997年
33 木滑  良 2:08:08   (3:02.2/km) 2018年 MGC
34 松村 康平 2:08:09 (3:02.2/km) 2014年
35 藤原 正和 2:08:12 (3:02.3/km) 2003年
36 川内 優輝 2:08:14 (3:02.3/km) 2013年 MGC
37 中山 竹通 2:08:15 (3:02.4/km) 1985年
38 中村 匠吾 2:08:16 (3:02.4/km) 2018年 東京五輪代表
39 小島 忠幸 2:08:18 (3:02.4/km) 2004年
40   作田 直也 2:08:21  (3:02.5/km)   2020年 福岡
41 堀端 宏行 2:08:24 (3:02.6/km) 2012年
42 瀬古 利彦 2:08:27 (3:02.7/km) 1986年
43 清水 康次 2:08:28 (3:02.7/km) 2003年
44 武井 隆次 2:08:35 (3:02.8/km) 2002年
44 中本健太郎 2:08:35 (3:02.8/km) 2013年 MGC
46 大崎 悟史 2:08:36 (3:02.9/km) 2008年
47 岡本 直己 2:08:37 (3:02.9/km) 2020年 
47 尾方  剛 2:08:37 (3:02.9/km) 2003年
49 山本 憲二 2:08:42 (3:03.0/km) 2019年 MGC
50 小島 宗幸 2:08:43 (3:03.0/km) 1998年
                       ※「日本と世界のマラソン」より

Sponcored Links

まとめ

今回は「吉田祐也の進路は?優勝時の5km毎のラップは?国内記録歴代ベスト50は?」について調べてみました!

東京五輪の次、2024年開催予定のパリ五輪での有力な日本代表候補ですね。

大迫選手との差はまだありますが、吉田選手の成長速度がスゴイだけに、大きな期待がかかります!

それと今回怪我で出場を断念した服部勇馬選手ですが、2週間ほど前の番組での練習の追い込み方を見ると、2時間5分切りできたのではないかと思えてなりません。

五輪本番までに、ぜひもう1度、走って欲しいと思います。

記録が意外に物足りない中村匠吾選手もぜひ!

注目していきましょう!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ランニング
大人の時間割

コメント

タイトルとURLをコピーしました