機界戦隊ゼンカイジャーはヒロインがいない?榊原郁恵?シリーズ終了?

ドラマ
出展:twitter
スポンサーリンク

マシンたちが昭和っぽいからダサいとの声もありますが、それよりもヒロインがいないのが・・・。

戦隊はヒロインがいないと、本当に3~5歳の男子しか楽しめない。

確かにグッズの売れ行きが悪くて打ち切りの噂もあった戦隊シリーズで、ヒロインまで削るのはどうなんでしょう・・・。

45回記念だから、過去の戦隊を出したいのかもしれません。

そのための予算削減なのでしょうか。

今回は「機界戦隊ゼンカイジャーはヒロインがいない?榊原郁恵?シリーズ終了?」について調べてみました。

戦隊シリーズは終了するっていう噂、本当でしょうか?

スポンサーリンク

機界戦隊ゼンカイジャーはヒロインがいない?

ヒロインがいません。

変身する男性1名(真ん中)と、着ぐるみを着たままの機械人間が4名、計5名の戦隊です。

出展:映画.com

過去の戦隊が助けに来る設定だからかもしれません。

そのために予算削減?人間だらけでゴチャゴチャするのを避けた?

ただ、似た狙いだった仮面ライダーディケイドでは、ちゃんとヒロインの森カンナさんがいました。

歴代でもかなり高品質なヒロインでした。

出展:マジすかニュース速報

グッズ販売ばかりがチラついたディケイドの救いとなってました。

ゼンカイジャーも4体のロボット戦士を売りたい?

早くも「せめてシルバーは生身の女性にしてくれ」という悲痛な叫びが聞こえています。

ちなみに本編に先行して上映される映画はこんな世界観。

出展:アメブロ

ガチガチに男子が戦う話ですな。

唯一の人間のヒーロー。五色田介人を演じる駒木根葵汰さん。

オオカミ君シリーズに出ていた子らしいです。

こんな声も。

「若手俳優の登竜門なのに役者は1人だけ?」とか「センターなのにレッドじゃない!」とか「そのマスクは仮面ライダーでは?」とか、いろいろビックリ。(朝日新聞)
つまり、制作者はいろいろ攻めてるわけですね。
「スーパー戦隊はある矛盾を抱えていました。各話は毎回、ヒーローが闘う『等身大戦』がまずあり、最後にロボに乗り込む『巨大戦』がある。お楽しみを二つそろえた『二毛作』ではあるが、ともすれば両者のつながりが薄くてバラバラな感じになる。ロボ戦がお決まりの消化試合のように見えてはいけない。ミッションとしてこの矛盾を解消したかった。そこで考えたのが、等身大戦からロボがいることです」(白倉P、朝日新聞)
ヒロインを削ってる理由は?
「スーパー戦隊は基本的に、5人の男女のチームもの。今風の『多様性』をそこに盛り込むわけですが、若い俳優を集めるとイケメンと美女ばかりになり、キャラクターも『いい子』『いい人』にまとまってしまいがち。これじゃ『五者五様』になってないんじゃないか? かつてはキレンジャーみたいな小太りのキャラだっていたじゃないか?という思いがありました。そこで、人間でなくロボにすることで思い切って『まんが』にできると考えたんです。アニメのような強烈なキャラを並べれば多様性を強く出せる、と」(朝日新聞)
その多様性は誰が求めたものなのでしょうか?
キレンジャーがいてもいいけど、なぜモモレンジャーを消したのか。
強烈なキャラが美人で何が悪いのか。
ぜんぜん理解できません。
予算削減?
これはあるかも・・・。

一番濃厚なのは、キラメイジャーのレッドのようなコロナ感染による撮影中断を防ぐため、着ぐるみにしたのかもしれません。

スーツアクターなら、別の人がやれますからね。

榊原郁恵がヒロイン?

奥様の抜擢で旦那様の渡辺徹さんが喜んだそうですが、それ以外、誰が嬉しいですか?

ヒロインって冗談っぽく言ったようですが・・・。

出展:女性自身

出展:YouTube

榊原さんは主人公の祖母役だそうです。

61歳の最年長ヒロインの狙いが見えません。

主人公の母役の甲斐まり恵さんは美人だけど・・・。

出展:アメブロ

ヒロインって、こういうのじゃないと

例えば、前作キラメイジャーから3人。

ピンクとグリーン。

出展:twitter

ちゃんと変身ギアで変身する、ヨドンナ様はダークヒロイン。

カッコいいです、ヨドンチェンジ!

ヨドンナ様 変身シーン(ヨドンチェンジ)

これらのヒロインはネットで話題にはなるけど、グッズ販売に繋がらなかったということでしょうか。

ただね、戦隊モノでも、ドラマでも、何でもいいですが、ヒロインの出ない物語ってあるんでしょうか?

ダークヒロインだけでもしっかり出してほしいです。

シリーズ終了?

スーパー戦隊は人気が衰退しています。

それはグッズの売り上げを見れば顕著です。

出展:note「スーパー戦隊がヤバい」鈴木パンナコッタ氏著

出展:note「スーパー戦隊がヤバい」鈴木パンナコッタ氏著

なぜ戦隊シリーズだけが衰退?

●まずコロナでイベントを開催できない。

●全収益の中でキャラクターグッズの占める割合は、戦隊シリーズでは意外に低く、それ以外の収益とはイベントだと思われるため、特に今、苦しいはず。

●ライダーやプリキュアが3~8歳に支持されるのに対し、戦隊シリーズは3~5歳と期間が短いことも。

●鬼滅ブームはまだ早いとしても、シンカリオンなどヒーローの細分化が進んでいて、少ないパイの中で競争は激化している。

●5人の戦隊では1人1人の描写が雑になりがちで思い入れがしにくいため、イベントがなければファンが熱狂しない。

●ロボがダサい。妙に高額なのに1年たたずに遊べなくなる。しかもロボがある分、ストーリーも煩雑になる。見ていると、短い時間で無理やり巨大化して戦っていて不自然。

●変身した姿が毎年似ていて飽きるため、大人のオタク層があまり傾倒しない。

今回はまさに背水の陣。

それゆえ、45周年というのもあって、白倉Pがみずから制作しているようです。

この放送枠はもともと『超電磁ロボ コン・バトラーV』から始まったロボットもの。だから原点に立ち返ったと言えます、と白倉Pが語ってるようです。
原点回帰を意識してるようですね。
そういえば、間もなく終了する前作のキラメイジャーでも、出てくる悪者のキャラが明らかに低年齢層を狙って幼稚化していて、初期のゴレンジャーみたいだなと感じたものでした。
原点回帰とはつまり、途方に暮れていると言い替えられるかもしれません。

出展:twitter(白倉P)

親はライダーほどレンジャーには思い入れがなくて、過去の戦隊ヒーローが出てきても、ライダーと違って毎年ほとんど同じですから、グッズ購入に繋がるかは読み切れません。

しかも45周年って変な区切りです。

50周年でやればいいのに、たぶんこのままじゃ50年まで持たないから、アニバーサリーを前倒しにしたんでしょうね。

中には「45周年で終了するのでは」という声もありますし、↓のような恨み節も。

出展:yahooリアルタイム検索

まとめ

今回は「機界戦隊ゼンカイジャーはヒロインがいない?榊原郁恵?シリーズ終了?」について調べてきました。

ここからV字回復を見込めるのでしょうか?

たった1つ残る希望は、シルバーを前倒しで登場させ、女性キャラにする、あるいは新しいヨドンナ様を登場させることです。

オタク層が戻ってくると思います。オタク層の購買力を取り込めないでしょうか?鬼滅みたいに。

コメント

タイトルとURLをコピーしました