豊田大輔の経歴や大学や留学は?なぜレースをする?事故の噂はデマ?

知識人
出展:ここでしか話せない芸能人の素顔
スポンサーリンク

宝塚でも屈指の美人だった、星蘭ひとみさん(本名:吉原真由)。

誰にも実証されないまま、出光興産の会社関係者の娘と噂だけが先行している星蘭ひとみさんと、トヨタの御曹司。

車とガソリン婚とも言われていますが、トップ娘役をつかめなかった星蘭さんが、日本の民間のトップ娘役を射止めた、リアルシンデレラ婚だと思います。

で、謎多き豊田大輔さんとは、どんな人物なのでしょう?

今回は「豊田大輔の経歴や大学や留学は?なぜレースをする?事故の噂はデマ?」についてまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

豊田大輔の経歴や大学や留学は?

出展:twitter

豊田大輔さんは現在、32歳。

トヨタに入社し、電子制御技術部で、ソフトウェア主導型開発を担当しています。

現在では、子会社であるウーヴン・アルファ株式会社の代表取締役社長です。

「トヨタでは、章男社長肝煎りの事業であるウーブン・シティ計画を進めている。これはトヨタ工場跡地のある静岡県裾野市に、自動運転やAIを用いた街づくりを行うというもので、ウーブン・アルファはまさにその開発を担っている。また大輔氏は章男氏から(トヨタ車の出来栄えを最終確認する)マスタードライバーの後継者候補にも指名されています」(トヨタ関係者)文春より

このウーブン・シティは三井不動産のサイトで紹介されていましたが、トヨタ社長の豊田章男さんのお母さんが三井から嫁いできた人です。

今後、業界1位のトヨタ自動車と業界1位の三井不動産が、両社の社運をかけて開発を進めていくプロジェクトだと思われます>>

現在、着工したばかりのようですね。

そしてこの街づくりに、近江友里恵元NHKアナが三井不動産に転職して参加する可能性が高いと思っています。

詳しくはこちらで↓

大学や留学は?

大輔さんの情報は少ないのですが、学歴はこうだと言われています。

慶應幼稚舎~初等部~中等部~高等部~慶應義塾大学~バブソン大学

このバブソン大学は、フォーブスが選ぶ「留学生が選ぶべき米国の大学」の1位に輝いています。

出展:リセマムメンバーズ

お父さんのトヨタ社長=豊田章男さんも、慶應大学からこのバブソン大学に留学していたようですね。

バブソン大学のどういう点が優れているかと言えば、起業家を志す者にとって総合的に優れているようですね。

フォーブスは外国人留学生に向け、アメリカ内での評価(順位)や在籍する留学生の人数とその推移、留年せず卒業する留学生の数、留学生に人気の高いビジネス・起業に関連した学科、STEM(科学、技術、工学、数学)関連学科の教育水準を評価項目とし、アメリカ内の大学を独自基準で評価。(リセマムメンバーズ)

なぜレースをする?

大輔さんは2018年にスーパー耐久からレーシングドライバーデビューして、同年最終戦ではお父さんの章男さんと親子でレース参戦しているようです。

なぜトヨタの社長と御曹司はレースをするのでしょうか?

社長の章男さんにはこういうエピソードがあるそうです。

アメリカから帰国した後の2002年、社員の開発ドライバーの成瀬弘から「運転のことも分からない人に、クルマのことをああだこうだと言われたくない。」「このトヨタには、俺らみたいに命をかけてクルマをつくっている人間がいる。そのことを忘れないでほしい」と言われて車作りへの意識を改め、「自動車会社の一員として、評価の仕方を教えてほしい」と成瀬に指導を求めた。成瀬はトヨタグループの開発ドライバー数百名の中で頂点に立つマスターテストドライバー(「トップガン」)として知られる。豊田は急ブレーキなどの訓練だけで2年をかけるなど成瀬の薫陶を受けた。(wikipedia)

つまり、豊田章男社長は、世界でも珍しい自分で運転して車を最終確認する社長のようです。

師匠の成瀬さんからドライブを教わる中で、豊田さん自身も国際C級ライセンスを取得。

以降数多くのレース・ラリーに参加していますが、豊田さん自身は「私はレーシングドライバーではなく、あくまで車の味付けが分かるマスターテストドライバーである」と語っているそうです。

息子の大輔さんは、このお父さんの一人っ子なので、忠実に父の教えに従っているようですね。

ちなみに大輔さんがお父さんと一緒に出場したレースでは、マシントラブルに見舞われながら12位でフィニッシュ。

初戦としてはまずまずの結果だったようですね。

章男さんは傾いたトヨタを見事に立て直した有能な経営者であり、現場を大切にする中小企業的な精神も大切にしている人なので、その教えに耳を傾ける素直さも、大切な才能だと思います。

父のノウハウを受け継いでいけるのは、強力なアドバンテージとなるからです。

事故の噂デマ?

2010年6月23日に、ドイツ・ニュルブルクリンク近郊で章男さんの師匠である、トヨタのトップガンこと成瀬弘さんが、一般道でのテスト走行中に対向車のBMWと正面衝突して亡くなられたそうです。

「豊田大輔」と検索すると「事故」というワードが浮かびあがってくるのは、これかもしれません。

ですが、大輔さんとは直接関係なかったと思われますので、詳細は不明です。

またお父さんのレースでの発言に以下のようなものがあります。

(モリゾウさんとは、章男さんのレースでの名前です)

2019年のシーズンが終わったとき、モリゾウさんは「5戦中3戦、大事故、大変な一年でした」と回願した。それでも、諦めず、ルーキーレーシングは前を向いて、強くなっていった。(トヨタイムズ)

つまり、限界を探るレースでは事故がつきものだということですね。

大輔さんも出ているレースでの「事故」という言葉が、検索でヒットしているのかもしれません。

大輔さんが仕事で関わっている自動運転は、トヨタの事故ゼロへの願いを体現しようとするものであり、車と事故の連鎖が断ち切られる鍵となるかもしれません。

便利さもあるでしょうが、交通事故がなくなる世の中を願うばかりです。

まとめ

今回は「豊田大輔の経歴や大学や留学は?なぜレースをする?事故の噂はデマ?」についてまとめてきました!

豊田大輔さんは街を作ろうとしていますが、それはつまり近い未来の日本や世界を視野に入れての街づくりです。

ここに近江友里恵さんも参入して来たら楽しいと思うのですが、予想は当たっているでしょうか?

星蘭ひとみさんは、世界のトヨタのプリンセスとして時々、お顔出しをしてくれたら嬉しいのですが、さてどうでしょう?

社交界はこのリアルシンデレラの美しさに心を奪われるでしょうね。

なんせあの宝塚屈指の美人ですからね。

写真は大輔さんが一番好きな車、トヨタのスープラです。

レースでも乗っているそうです。

星蘭ひとみさんを乗せてるんでしょうか?

出展:twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました